無添加化粧品ってどんな化粧品なの?

「お肌にやさしい!」というイメージから注目度がますます高まっている無添加化粧品。肌細胞は繊細です。そんな繊細な部分に直接使うものだからこそ、本当に良質な化粧品にこだわりたいものですよね。

このサイトでは、無添加化粧品の基本から解説、自分にぴったりの無添加化粧品探しのナビゲートをします。添加物を排除し、肌に優しい化粧品として人気の高い「無添加化粧品」をアイテム別、ブランド別でご紹介します。

ところで「無添加化粧品」というのは、具体的にはどのような化粧品のことを指すのでしょうか? 実はこれは、法令やガイドラインなどに基づいて定義されている言葉ではありません。つまり、メーカーやブランドによって「無添加」という言葉の捉え方には幅があるということです。

最も一般的なケースでは、1980年に旧厚生省によって指定された、アレルギーなどを引き起こす可能性のある成分102種類を添加していない化粧品のことをいいます。また、防腐剤、香料、石油由来の成分のいずれかを添加していないものも、~成分無添加と表現し、無添加化粧品とうたわれます。2001年に薬事法が改正されてからは全成分の表示が義務化されましたので、パッケージをよく確認した上で選ぶようにする必要があります。

  • 無添加化粧品とオーガニックコスメの違いとは?

  • 無添加にこだわるなら知っておきたい旧指定成分とは

  • 手作り無添加化粧品の作り方

無添加化粧品の疑問や質問のまとめ

無添加化粧品を選ぶにあたっては、「無添加」という言葉だけで判断することのないようにしましょう。本当に自分に適した無添加化粧品を見つけるためにも、メーカーごとの姿勢や安全性、各成分の特徴などについて事前にリサーチしておくことが望ましいです。とはいえ、無添加化粧品に興味をもちはじめたばかりという人であれば、まだまだわからないことも多いですよね。こちらでは、そんな無添加化粧品ビギナーに向けて、よくある質問をご紹介しています。いずれも基本的事項になるので、ぜひ、目を通しておいてくださいね。

製品パッケージの裏面に「成分表」がありますが、表示されている順番には意味がありますか?

配合されている量の多い順に表示しています。多くの化粧品では先頭に「水」が記載されていますが、これは成分のうち最も多く配合されているのが水だという意味になります。また、配合量が1%に満たない成分については、末尾に順不同で表示されます。一度、手元にある化粧品の成分表をじっくり見比べてみるのも面白いのではないでしょうか。無添加化粧品デビューをする前に、成分表示をチェックする習慣をつけておくとよいです。

>> もっと詳しく見てみよう! <<

化粧水や美容液など、化粧品の効果は一般的にすぐに現れますか?

化粧品や美容液は薬ではありません。肌の状態を改善したり、気になる症状をよくしたりといったことはできませんし、そうした効果をうたってもいけない決まりになっています。メークアップ効果でシミやシワなどを物理的に隠すことはできますが、化粧品や美容液の効果効能は、あくまでも保湿やハリ・ツヤを与えることです。
また、化粧品類の効果には個人差がありますし、相性による部分も大きいので、一概に語ることはできません。口コミでの評判が高かったからといって誰もに高い効果が現れるわけではないことに注意しましょう。

>>もっと 詳しく見てみよう! <<

無添加では、商品の保管状態に指定のあるものとないものがありますが、その違いはなんでしょうか?無添加でも防腐剤が入っているものもあるのでしょうか?

無添加化粧品の定義はメーカーやブランドによって違いますので、防腐剤入りのものもあれば入っていないものもあります。安定剤や防腐剤を添加しないメリットとしては、アレルギーなどの肌トラブルが起こりにくいという点を挙げられます。その反面、品質の劣化や雑菌繁殖のリスクも高まりますので、冷蔵保存など保存方法が指定されていることもあります。せっかく無添加化粧品を使っていても、劣化したものを塗布していてはかえってお肌に悪影響となりますから、開封したらなるべく早く使い切ることが大切です。また、防腐剤や安定剤が入っていてもキャリーオーバーで表示されていない場合も考えられます。

>> もっと詳しく見てみよう! <<

無添加化粧品ブランド大特集!

化粧品に安心や安全を求める声は多く、数多くの無添加化粧品ブランドがあり、今後も増えていくことが予測されます。こちらでは、数ある中でも人気の高い無添加化粧品ブランドをご紹介していきます。ぜひ、参考にしてください。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2485211160063521"
data-ad-slot="3474969872"
data-ad-format="auto">

ファンケル

無添加の化粧品・健康食品・雑貨まで幅広く扱っているブランドです。比較的若い世代に人気です。

レクシア

強く、美しい肌を目指し、こだわりの植物エキスを贅沢に配合した無添加化粧品を作っているブランドです。

ブルークレール

白神山地の湧水と、徹底した国産無添加にこだわった化粧品作りをしているブランドです。

アミノリセ

酒蔵から生まれ、お米の美肌効果に着目・特化しているブランド。全ての商品にお米由来成分を配合しています。

haba

「無添加主義」を掲げ、商品に使う色素にはミネラルカラーのみを使用、優しさを追求しているブランドです。

アンナトゥモール

徹底的な無添加と、天然由来の美肌成分にこだわった化粧品作りをしているブランドです。

琉白

沖縄で古くから馴染のある「月桃」に注目し、新進気鋭のブランドです。

Coyori

自然の力を取り入れお肌へ挑み続けているブランド。日本全国から自然素材を厳選しています。

お肌のタイプ別ケア対策方法!

こちらでは肌のタイプ別にケア方法を掲載しております。肌タイプにはそれぞれ傾向がありますので、それに合わせたケア方法と試してみていただきたい化粧品のタイプをご紹介しています。
※絶対的な効果が保証されているものではございませんので、あくまでもケア方法の参考までにとどめてください。

敏感肌

肌が敏感な方では、少しの刺激が肌コンディションを大きく崩しかねません。しっかりとチェックが必要です。

乾燥肌

乾燥した肌は傷つきやすい状態なので刺激の強いものは控えたいですね。

混合肌

乾燥が目立つパーツと、べたつきが気になるパーツでは別メニューでのスキンケアをしていくのが良いでしょう。

ニキビ肌

ニキビの原因に対する対処をしつつ、肌を潤わせることに重点を置いたケアが良いでしょう。

肌荒れ

荒れた肌に刺激にならない優しいものでケアしていくことが良いでしょう。

年齢肌

加齢による肌トラブル優しく、毎日コツコツと長期的に続けていけるものがよいでしょう。

このページの先頭へ