アレルギー持ちの方こそ無添加化粧品!?

アレルギー持ちの方こそ無添加化粧品!?

アレルギーがあるなら、無添加化粧品を!と言われることもありますが、本当にそうなのでしょうか。
アレルギーはその言葉で一括りにできないほどに様々なタイプがあり、一つでもアレルギーを持っているとそれが含まれている・いないが、時には生死を分けるほどの大問題にもなります。
たとえ症状は軽くとも肌に直接つける化粧品の場合には心配になり、化粧品選びにも慎重になりますよね。そんな中、無添加と書かれている化粧品が重宝しているという方も多いのではないでしょうか。
確かに添加物が大量に入った化粧品はアレルギーを引き起こす可能性も高まりそうですし、使うのは怖くなるかもしれませんが、無添加化粧品だから絶対に安心というわけではないのです。

無添加化粧品とアレルギーの関係

無添加化粧品でもアレルギーを引き起こす可能性があるというのはどういうことなのでしょうか。無添加と謳っていても、キャリーオーバーによって見えない添加物が使われているかもしれませんし、無添加の基準が旧指定成分を含んでいないというだけで他の添加物は使用されている可能性はあります。これらが無添加化粧品でもアレルギーを引き起こす原因の一つとなっています。
また、いくら無添加化粧品といえど、使用している天然原料自体のアレルギーを持っている方には危険なものとなってしまいます。
最近は、アレルギーテストクリア製品というものも販売されていますが、どんなテストなのかどのアレルギーに対してクリアしたのかまでをチェックしてみないことには自分のアレルギーに対してどうなのか、というのはわかりません。
無添加化粧品といっても=アレルギー反応は起きないというわけではなく、通常の化粧品よりも起こる可能性が低くはなっているくらいに考えていたほうがいいかもしれません。
アレルギー持ちさんなら、よくよく調べて自分に合った化粧品を!というのが実際のところといえそうです。

アレルギー持ちの方でも使用できる無添加化粧品の選び方

アレルギー持ちの方でも安心な無添加化粧品はこれです!とご紹介することはできません。アレルギーは多種多様なので、どんなに多くの人によい完全無添加の化粧品でも原料にアレルギーを持った方には向いていないものになってしまうからです。
しかし、アレルギー持ちの方が無添加化粧品を選ぶ際のポイントはどんなアレルギーを持っている場合でも同じです。
まず、どう無添加なのかを調べましょう。無添加と言う言葉は各社それぞれの基準があり完全な無添加なのかそうではないのかは調べないとわからなくなっています。今は全成分の表示義務があり化粧品には何が含まれているのか細かく書かれています。それを見ただけでは見慣れない成分名が並んでいるので、インターネットなどで調べる必要がありますがその一手間が安心への近道となるはずです。
そしてどんな原料を使っているのか、キャリーオーバーで見えない添加物が使用されていないのかを調べましょう。販売会社の中には、ホームページ上でどんな原料をどのように加工しているか詳しく書かれているところもあります。そうしたこだわりをもって安心安全な化粧品を作っているところのものだと安心ですよね。
アレルギーの有無に関わらずここまでこだわって選べたら自分に合ったベストな化粧品を選ぶことができるかもしれません。無添加化粧品=安心ではなく調べる癖をつけるといいものに出会える可能性も高くなりそうです。

最も口コミ評価が良かった無添加化粧品ブランドとは?

このページの先頭へ