キャリーオーバー化粧品の秘密

キャリーオーバーの秘密

キャリーオーバーという言葉の本来の意味は「繰り越されるもの」「持ち越し」です。これが宝くじなどの懸賞金が増えることなら嬉しいのですが、化粧品に含まれる人工添加物となると心配なものとなってきます。
無添加の食材や化粧品しか取り入れていない方や微量の人工添加物でもアレルギーが出てしまう方にとってはキャリーオーバーとなり記載されていない人工添加物でも怖い存在です。
今は化粧品に含まれる全ての成分の表示が義務付けられているのにも関わらず、合法的に認められているキャリーオーバーに隠された秘密を知るには人工添加物についても詳しくなる必要がありそうです。

そもそも人工添加物とは?

人工添加物は、その化粧品を作る過程で防腐剤としてや発色をよくするための着色剤などで使用されています。健康被害が起こるような害はないとされているものだったり少量だったりを自然のものに加え形作ったり賞味期限や化粧品なら長持ちするようにしたり、色をつけたりするものです。目を見張るような色だったり、自然由来とは思えないような色をした商品には着色料として人工添加物が使われていることも多く、身近な化粧品に意外とこの人工添加物が使われています。
添加物全てが悪いものかといえば、そうではありませんがどの添加物はよくてどれは危ないのかはなかなか見極めきれません。旧指定成分に含まれているものは論外ですが、それ以外は全て安全といえるかも疑問が残ります。
特に、人工添加物は人が便利さや見た目を重視して作られたものです。もちろん人工添加物が含まれている=薬品漬けのものというわけではありませんが、自然のものを人工的に操作する時点で何か影響が出てくるような気もしてきてしまいます。

添加物の表示義務とキャリーオーバー化粧品

化粧品などに使われている添加物は全て表示することが薬事法により義務付けられています。小さな子どもがいたり、健康意識の高い方、アレルギーのある方はこの表示をよく見てなるべく添加物の入っていないものを選んだりと注意が必要な項目ですよね。
そんな注意の必要な添加物ですが、実は記載されていないものが含まれている可能性があるのです。原材料を作る過程で含まれているかもしれない添加物については実際に使用される量が微量の場合は記載の義務がありません。これがキャリーオーバーです。キャリーオーバーは合法なので、それを抜け道として使っている悪い業者もあり注意が必要なのです。

キャリーオーバーになるものならないもの

実際に使われている量が微量でもキャリーオーバーになるならないには違いがあります。
この違いが難しいところなのですが原則として、添加物が使われているものが原型のまま入っていたり、視覚など感覚器官に訴えかけるような影響が残る場合は添加物としての表示義務があります。
しかし、加工の過程で使用されているものの、製造段階では使われておらず含まれる量が微量な場合=出来上がったものに対しての影響が少ないものはキャリーオーバーとして判断され表示されません。
化粧品にも含まれることも多い植物エキスが植物エキスになるまでに添加されている防腐剤などはキャリーオーバーとして考えられていることも多く、表示の義務がないため無添加化粧品として販売することもできてしまうのです。

キャリーオーバーを知って本当の無添加を見極めよう

キャリーオーバーの存在を知っているのと知らないのとでは大きな差が出てきます。無添加と言っていたのに、何故か肌がひりひりしたり、赤くなってしまったりとトラブルが起こるときにはキャリーオーバーが原因かもしれません。
キャリーオーバーとなって表示されていない添加物が含まれていない本当の無添加のものなのかどうか、は原料の生産者レベルまで調べないとわかりません。そうした細かいところまで配慮されている本当の無添加商品を見極め選択していきましょう!

最も口コミ評価が良かった無添加化粧品ブランドとは?

このページの先頭へ