完全無添加化粧品とは?

完全無添加化粧品とは?

無添加と言う言葉自体が添加物が無いという意味のはずなのに、言葉としておかしいなと感じたことはありませんか。完全無添加化粧品が誕生したのには、わけがあるのです。
完全無添加化粧品を知るには無添加化粧品のからくりについて知る必要があります。ここでは、無添加化粧品の本当のところと完全無添加化粧品の注意点についてご紹介しています。これを読めば、“知っている”ことの大切さを感じるかもしれませんよ。

無添加化粧品の本当の話

肌に直接触れる化粧品へのこだわりを持っている人は多くいます。肌トラブルを抱えていたり、アレルギーのある人、素の肌を大切にしたいなど理由は様々ですが、きれいなお化粧ができるかどうかだけではなく、その成分なども気をつけて見る人が増えてきている昨今、無添加化粧品という名で売られている商品が山ほどあります。
なんとなく無添加と書かれているだけで好印象を持ちますし、実際、本当によいものや真剣に肌のことを考えられた商品ももちろんあります。しかし、その無添加であるかどうかの基準はその会社毎に違い、A社の無添加はB社では無添加とはいえない、なんていうこともしばしば。その見極めは素人には難しいのです。
一体どういうこと?無添加って何?と混乱してしまいそうですが、無添加の言葉に隠された添加物やキャリーオーバーによって見えなくなった添加物が存在する可能性があるのです。
というのも、2001年3月までは、肌や健康に害を及ぼすと指定された成分のみが表示義務があり、それ以外のもしかしたら今後指定されるかもしれないけど今は指定されていないものに関しては表示の義務すらありませんでした。この頃は表示義務がないものを含んでいても、指定成分ではないから無添加とする化粧品も販売されていました。
極端な話をすると、明日からは指定されるけど今日は指定されていないから無添加、でも明日からは無添加とはいえない、というような状況があったのです。
その名残から2001年4月より全成分の表示が義務化され添加物を羅列しているにも関わらず、旧指定成分が含まれていないから無添加とする!として無添加化粧品の名目で販売しているケースがあるのです。
これが無添加化粧品といっても本当に無添加なのかどうかわからない要因の一つとなっています。そこで誕生したのが本当に無添加の「完全無添加」という言葉なのです。

完全無添加化粧品でも注意すべきこと

無添加のものにこだわりたい、超がつくほどの敏感肌だから完全無添加でないと怖い、そんなときに選びたいのが完全無添加化粧品です。もちろん完全無添加化粧品と謳っていない無添加化粧品の中にも完全無添加なものは存在しています。肝心なのは完全と謳っているいないに関わらず、完全無添加化粧品だからといってどれでもいいというわけではないというところです。
完全無添加というのは化粧品の製造の際に添加物を使っていないというだけで、原材料の生産の際に絶対に農薬を使っていないということにはなりません。キャリーオーバーによって見えない部分がある可能性もありますし、使われている原料によって自分の肌に合う合わないがあります。
生産者レベルまで気を配っているのかどうかも一つの判断基準にはなりますが、一番は自分の肌に合うのか合わないのかという点です。
完全無添加であるという一つの安心感や判断材料を使って、より自分の肌に合ったよいものを選択する、これができたら一番いいですよね!

最も口コミ評価が良かった無添加化粧品ブランドとは?

このページの先頭へ