無添加化粧品とオーガニックコスメ

無添加化粧品とオーガニックコスメ

「無添加化粧品」「オーガニックコスメ」どちらも肌によさそうな感じがして、天然由来のものしか使われていないイメージがあります。その違いといっても「無添加」をただ英語表記にしておしゃれ感を出しているだけのように思えますが、そこにはちょっとした違いがあるのです。
しかも、それぞれの特徴に沿った注意点があり、きちんと知っておかないと肌トラブルの原因にもなってします。「無添加化粧品」と「オーガニックコスメ」にはどんな違いがあってどこに注意すればよいのでしょうか。詳しくご紹介します!

無添加化粧品とは

無添加化粧品として販売されているものは、「人工添加物を使用していない」化粧品であるといえます。人工添加物とは、防腐剤や着色料など長く使えるように、見た目がよくなるように、と人が利便性や購買欲をそそるよう人工的に作った添加物のことで、これが原因で肌トラブルが起こることも多いものです。
人工添加物は使用されていないものの、化学合成物質が使われているケースもあります。ただ、無添加化粧品として販売されているものは、肌にとってよいものかどうかを真剣に考えて作られているものであることがほとんどなので極力化学物質などは使用されていないことが多いようです。
化学合成物質が全て悪いわけではないので、無添加化粧品といっても化学物質は含まれている可能性があることを理解し何が含まれているのかを調べ自分に合ったものを選択すれば問題ありません。
無添加化粧品で一番気をつけたいのは、キャリーオーバーで見えない人工添加物が使用されているケースです。本当の無添加なのかどうかをしっかり見極めましょう。

オーガニックコスメとは

オーガニックとは直訳すると有機となります。オーガニック野菜といえば無農薬で作られた野菜のこと。つまり、オーガニックコスメとは天然のものだけで作られた化粧品のことを指します。いわゆる自然派や天然素材などと謳われているものがオーガニックコスメに当たることも多く、その言葉から受けるイメージ通りのものだと思ってください。
オーガニックコスメは、天然のものしか使用していないため使える期間が短く生もののような感覚をもっていたほうがいいものです。決められた期間以上使用するのは肌トラブルの元にもなってしまうので気をつけましょう。
オーガニックコスメだから肌にも絶対いいはずだ!と決め付けるのも危険です。特にアレルギーを持っている方は、どんな天然素材が使用されているのかをしっかりと確かめる必要があります。
アレルギーのない方でも、オーガニックというだけで安心せずにオーガニックだからこそ、自分の肌にはどんな天然素材のものが合っているのかを考えていかなければなりません。そうして使い続けながら選択していくことでより効果を引き出せるようになってきます。

結局どっちがいいの?「無添加」と「オーガニック」

無添加化粧品は、その基準が各販売会社にゆだねられているので本当の無添加なのかを調べる必要がありますが、化学合成物質などを使用することによってより使いやすく長持ちするものが作られています。
対してオーガニックコスメは有機のものしか使っていない天然由来のものだけで作られている自然にも肌にも優しいコスメです。ただし天然のものしか使用していないので、それ自体にアレルギーを持っている場合はかなり強い症状が出てしまう可能性があるので注意も必要です。
どちらも一長一短あり人によってその良し悪しに大きな違いが出てきます。肌質やアレルギーの有無、使用感など自分に合ったものを選んでいきましょう!

最も口コミ評価が良かった無添加化粧品ブランドとは?

このページの先頭へ