化粧品に含まれる添加物の危険性とは?

化粧品に含まれる添加物の危険性とは?

化粧品を選ぶ際には、「美白」、「シワ改善」といった効果にまず目が行ってしまいがちです。でも、効果や有効成分が目立っている陰で、さまざまな添加物が配合されています。そして、中には肌や身体への危険性が示唆されている成分も…。添加物が全て悪というわけではありませんが、できることなら余計な添加物の入っていない、安全な化粧品を使いたいですよね。

こんなにある!化粧品に含まれる添加物の種類

化粧品の成分表を見れば何が入っているか一目瞭然ですが、実際は、用途がわからない成分も多いかと思われます。こちらでは、危険性が懸念される添加物をいくつか紹介します。

メチルパラベン

メチルパラベン

殺菌作用があり、防腐剤として化粧品に広く配合されています。

フェノキシエタノール

フェノキシエタノール

「アレルギーなどが出る可能性のある物質」としてのイメージが強いパラベンに代わりで、よく使われている防腐剤です。

サリチル酸

サリチル酸

防腐剤や抗アクネ剤、コンディショニング剤、フケ止め剤などの目的で配合される有機化合物です。

コカミド

コカミド

洗浄力や、泡を安定させる効果から洗顔料・シャンプーなどに配合される石油系界面活性剤です。

水酸化レシチン

水酸化レシチン

天然に広く存在するレシチンに水素を添加して安定化した、合成界面活性剤です。

コポリマー

コポリマー

2つ以上のモノマーからなる共重合体のことで、被膜形成剤や粘結剤などとして配合されています。

アニスアルデヒド

アニスアルデヒド

多くの化粧品の着色剤として配合されていますが、「生殖能又は胎児への悪影響のおそれの疑い」が指摘されています。

赤202

赤202

石油から作られたタール系着色剤の一つで、皮膚障害やアレルギー、発がん性などが懸念されています。

フェネチルアルコール

フェネチルアルコール

天然にも広く存在し、バラの香りのする香料ですが、肌や目への刺激性を懸念されています。

オキシベンゾン

オキシベンゾン

UV-AからUV-Bまで幅広くカバーできる紫外線吸収剤ですが、皮膚炎やアレルギーを起こす可能性があると言われています。

防腐剤って?

水分や油分、アミノ酸や糖類などを含む化粧品は、雑菌やカビの格好のエサです。それらの雑菌やカビの繁殖を防ぐ目的で配合されているのが防腐剤です。

メチルパラベン

メチルパラベン

殺菌作用があり、防腐剤として化粧品に広く配合されています。

フェノキシエタノール

フェノキシエタノール

「アレルギーなどが出る可能性のある物質」としてのイメージが強いパラベンに代わりで、よく使われている防腐剤です。

サリチル酸

サリチル酸

防腐剤や抗アクネ剤、コンディショニング剤、フケ止め剤などの目的で配合される有機化合物です。

石油系界面活性剤って?

石油由来の界面活性剤で、化粧品の有効成分を溶かし込む用途で必要だったり、乳化して水分と油分を馴染ませたり、あるいは洗浄力を高めたりなど、さまざまな働きを持っています。

コカミド

コカミド

洗浄力や、泡を安定させる効果から洗顔料・シャンプーなどに配合される石油系界面活性剤です。

水酸化レシチン

水酸化レシチン

天然に広く存在するレシチンに水素を添加して安定化した、合成界面活性剤です。

コポリマー

コポリマー

2つ以上のモノマーからなる共重合体のことで、被膜形成剤や粘結剤などとして配合されています。

合成香料って?

原料の不快な匂いを除去して爽やかな香りを演出するのが香料です。合成香料は、天然香料から香料成分だけを取り出したものもありますが、石油や石炭などから合成されたものもあります。

アニスアルデヒド

アニスアルデヒド

多くの化粧品の着色剤として配合されていますが、「生殖能又は胎児への悪影響のおそれの疑い」が指摘されています。

赤202

赤202

石油から作られたタール系着色剤の一つで、皮膚障害やアレルギー、発がん性などが懸念されています。

フェネチルアルコール

フェネチルアルコール

天然にも広く存在し、バラの香りのする香料ですが、肌や目への刺激性を懸念されています。

合成の紫外線吸収剤って?

紫外線吸収剤は、紫外線のエネルギーを取り込み、化学変化を起こし続けることで、肌への紫外線ダメージを防いでくれます。肌への負担や安全性が懸念されるものも含まれています。

オキシベンゾン

オキシベンゾン

UV-AからUV-Bまで幅広くカバーできる紫外線吸収剤ですが、皮膚炎やアレルギーを起こす可能性があると言われています。

キャリーオーバーと添加物との関係とは?

2001年より化粧品の全成分表示が義務付けられましたが、原料の精製過程で添加されたり残留していたりする成分は表示しなくてもよい「キャリーオーバー」という仕組みをご存知ですか?例えば、化粧品の原料を作る段階である添加物を添加していても、その原料の受け入れ先ブランドの製造工程で添加していなければ、その添加物は「キャリーオーバー成分」…すなわち表示しなくてもよい成分となり、通常成分表には掲載されません。極端な話、無添加と謳っていても、成分を構成している原料には何が入っているか分からないということです。原料の産地や精製工程、キャリーオーバーに関する情報開示などから、見極めていく姿勢が必要となります。

このページの先頭へ