長寿の里さんに直撃インタビュー!

長寿の里

無添加化粧品を作っているブランドは沢山ありますが、中でも「長寿の里」さんに、お話を伺うことができました!どんなところにこだわって製品作りをしているのか、そのためにどんな取り組みをしているのかなど、気になる質問をぶつけたところ、丁寧に応えて下さいました。早速ご紹介していきます。

無添加への4つのこだわり~長寿の里~(完然無添加)

  • 生産者へのこだわり
  • 作り方へのこだわり
  • 生産工程へのこだわり
  • お客様へのこだわり

例えば防腐剤や安定剤を添加しないということは、それだけ取扱いが難しくなるということ。本当にこだわりを持って無添加の化粧品を作り続けるということは大変なことなんです。そして、長寿の里は、肌トラブルと本気で向き合い肌本来の力を引き出すスキンケアを実現すべく、「4つのこだわり」をもって「効果」と「安心」を両立した製品作りに取り組んでいるそうです。長寿の里にしかできない独自のこだわりを貫き続ける姿勢が、多くの女性に支持される理由の一つなのかもしれません。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2485211160063521"
data-ad-slot="3474969872"
data-ad-format="auto">

原料は九州産のものを厳選

化粧品に配合する成分についても、かなりのこだわりを持っているそうですね。化学合成した防腐剤などを使わない化粧品作りというだけでも大変だと思いますが、天然由来成分にこだわり、更には産地にまでこだわる理由や根拠をお聞かせください。

みなさん、毎日口にする食べ物に関しては、原料が国産かどうか、産地はどこか、気にされると思います。中には生産者の顔の見える地場野菜なんかも売られていますよね。私たちは、安心な化粧品作りにおいても全く同じことが言えると考えています。イメージのよい成分だけ並べても、どこかで加工された原料を購入しているのでは、真の安心には繋がりませんよね。そこで1つ目のこだわりなのですが、原料の元となる素材は、九州産のものを厳選しています。信頼できる生産者の方々を私たちの足で探し、契約しています。製品にある成分名一つ一つから、その素材を育てて下さっている生産者の方の顔が浮かんできます。これこそ、安心・安全の基本であり、生産者さんと私たち、そして化粧品を使って下さっている方々を繋ぐ絆になっていると考えています。

安心・安全に対し、そこまで追求しているメーカーは決して多くはないように思います。やはり、手間もコストもかさむでしょうし、品質管理にも気を遣いますよね。まるで食品を扱うかのように徹底して安心・安全に取り組んでいる理由というか、根底にあるモチベーションって何なのでしょうか?

モチベーションですか(笑)少し話が広がってしまいますが、弊社の出発点は「九州の自然の恵みを生かした本当によいものを全国にお届けしたい」という想いであり、それは今も変わっていません。確かに、こだわればこだわるほどに、手間やコストなど、「利益」を第一に考えた場合障害となる要因は多くなりますが、「品質と安全性」で一切の妥協を許さないという考えは一貫していますから、ここは揺るぎません。多くの愛用者の方から好評をいただき、喜びの声をお聞きするのが何よりも嬉しく、それがスタッフ一同のモチベーションに繋がっていると思いますよ。

素材の力を引き出すため最適な作り方を模索

優れた天然素材の力を最大限に引き出すために、一つ一つの製品の作り方にもこだわっているそうですね。よりよい製品を作るために、どのような取り組みや経緯があったのか、ぜひ伺いたいのですが。

弊社の製品は、天然由来の成分を贅沢に配合しています。肌に優しく効果の高い製品作りをしていくためには、エッセンス程度ではなく、できうる限り高配合に、最高の組み合わせを吟味していく必要があります。そこで、素材の組み合わせや配合割合、製造工程に関してもよりよい方法を模索してきました。無添加にこだわって化粧品を作るには、まさに試行錯誤の繰り返しなのですよ。

何となく、想像できます。余計な添加物を排除することと、天然成分を積極的に取り入れることのどちらとも、化粧品作りを難しくする要因ですよね。できれば何か製品例を挙げて、作り方に関する工夫なんかを教えてもらえますか?

それでは、「然-しかり- よかせっけん」が完成するまでの経緯をお話ししましょう。まず、通常固形の石鹸を作る場合は、その成分のほとんどが石けんで、美容成分はあまり配合できないことがわかりました。これでは、本当に肌に優しく納得のいく石けんは作れません。そこで、様々な検討を重ね、固形の石けんではなく練り石けんという形での製品開発にシフトしました。特に、石けん成分のもとであるミリスチン酸やラウリン酸などの脂肪酸の配合割合には研究を重ね、豊かな泡立ちと弾力泡を生み出しました。さらに配合する美容成分も限界値に挑戦し、最終的には60%以上もの美容成分を含む「よか石けん」が完成しました。スタッフにも大人気、自信を持ってオススメできる一品ですね。

見えないところで手を抜かない

無添加化粧品の神髄とも言える「無添加」に関するこだわりの部分をお伺いしたいと思います。無添加化粧品といっても、「無添加」について色々な解釈があると思うのですが、長寿の里さんでは「見えないところで手を抜かない」というポリシーの元、製造にあたられているとのこと。これについてはいかがでしょうか?

弊社の製品は香料・安定剤・防腐剤を一切使用しておりません。他にも健康を害する懸念のある成分は極力排除しています。なぜなら、これらは肌にとっては不必要な成分だからです。でも、化粧品も食品と同様に、安定剤や防腐剤なしで長時間安定的に保つのは難しくなります。そこで、通常は長い製造工程の中で、まず原料に加工する段階で安定剤や防腐剤が添加され、さらに製品加工時にも添加されます。このうち、原料への添加については、成分表示義務がないという抜け道があるのです。ここで企業の安全への取り組みや姿勢が垣間見えると思うのですが、弊社では、もちろん原料への添加も行っていません。ただでさえお客様の目の届かない製造工程ですが、こういうところでこそ、手抜きをせず、成分に表示されない部分に関しても一切防腐剤などを添加していません。

なるほど。無添加化粧品を選ぶ人なら特に、成分表示には目を通すと思うのですが、成分として表示されていなくても添加物が入っているものもあるというのは衝撃的ですね。ところで、不躾な質問になりますが、防腐剤などの添加を一切しないということですが品質には問題ないのでしょうか?

もちろん問題ありませんが、説明不足でしたね…(笑)。通常、化粧品が出きるまでには、原料メーカー、原料問屋、製造工場、保管倉庫、そして店頭販売…と、お客様の手元に届くまでに煩雑な工程と長い時間を要します。そのため品質を長期間安定に保つために、防腐剤を添加しています。特に原料の品質は製品の品質に直結するため、品質維持や安定出荷等のリスク管理のためには、一部原料を除いて防腐剤に頼らざるをえません。一方弊社では、素材作りや素材集め、原料製造、製品製造、発送に至るまで協力会社と関わりを持つ事で、原料の製造から製品発送までの時間を短縮したり、原料の組み合わせを吟味する事で、防腐剤無添加でも品質を維持する事ができています。
また、お客様にもデリケートな商品であるということをご理解いただき、保管方法等にご協力いただいていることも品質維持の大事なポイントですね。

長く使い続けていただくための努力を惜しまない

長寿の里さんの商品は、リピーターや、長年の愛用者がたくさんいらっしゃるようです。人気を支えているのは、商品のよさは勿論ですが、それ以外の部分もあると思うのですが、いかがでしょうか?

弊社の化粧品作りの考えとして、「いかにも効いていそうな使用感」よりも、「安心な品質で本当に効く」ことを重視しています。よって、できるだけ長い期間持続して使用していただくことで、良さが伝わるのではないかと思います。なので、まずは弊社の商品とともに安心・安全に対する姿勢や取組みを知っていただく努力をしています。24時間体制でオペレーターが電話で対応、ホームページでのご相談フォーム、また、便利なお得な定期コースもご用意しています。後は、ホームページで、商品に関するQ&Aや、弊社の安心・安全に対する取り組みなど、できる限りお客様の目線に立って、情報を開示するよう努めております。本当にこだわっていいものを作っている自負がありますから、それを多くの方に理解していただき、今後も変わらぬ安心をお届けしていきたいと考えています。

なるほど。美肌は一日にしてならず…といったところでしょうか。確かに、本当に肌によいものだとわかれば、長く使い続けたいと思いますよね。 あとは、化粧品だとお客さんのほとんどが女性だと思います。やはりパッケージの可愛らしさやおしゃれ感なども人気を左右すると思うのですがその辺りはどうでしょうか?

パッケージのインパクトや可愛らしさといったものも化粧品選びのポイントの一つかもしれませんが、弊社のパッケージは化粧品の中身に真摯に向き合い、見た目のインパクトではなく、安心感を与えるようなパッケージ作りをしてきました。
例えば弊社の製品パッケージには人の顔が描かれているのですが、これは実際に、その製品の製造に携わった方々の顔なのです。
お客さまからも、生産者の顔が見える事で製品から温かみを感じる、安心感があるなどの声をいただいているんですよ。

総括!長寿の里さんのインタビューを終えて

今回、丁寧に対応して下さったご担当者様、ありがとうございました。長寿の里さんの商品は、飽くなき探求心と、徹底したこだわりの賜物なのだということが改めて実感できました。また、色々と勉強にもなりました。長寿の里さんだけでなく、しっかりと有名なファンケルさんや、琉白さんなどをはじめとしたブランドさんが無添加化粧品に取り組むことがどれだけ大変なことなのか、初めてわかった気がします。こういった企業としての誠実な姿勢や取組みに共感し、長年愛用し続けているリピーターの方もたくさんいるのかもしれませんね。

このページの先頭へ