「和漢植物」古くから用いられてきた天然成分

和漢植物

私が監修しました

古くから健康や美容目的として用いられてきた植物を和漢植物と呼び、そこから抽出された成分は天然成分になります。東洋医学では、ヒトも自然の一部分であると考え、過酷な自然環境の中でたくましく生き抜いている天然植物の持つ力を肌に取り込むことで、肌をすこやかな状態へ導いてくれることが期待できます。

和漢植物の基礎を学ぼう!

化粧品に成分としての和漢植物は、エキスや粉末として配合されることが多く、化学成分のように一様に力を発揮するのではなく、一人ひとりの肌状態や体質に合わせて、肌自体の持つ潜在的な力を高め、後押しするように働きます。和漢植物とよばれる天然成分が「肌に優しい」とされる由縁はこのあたりにあるのかもしれません。そして、各々の和漢植物によって、期待される効果はさまざまです。例えば、肌荒れ防止に働く「トウキ根エキス」、優れた抗菌作用をもつ「ドクダミエキス」などが有名です。

和漢植物3大ポイント!
  • 長年の知恵と最新化学に裏づけられた素材
  • 配合の組み合わせによっても効果が変わる
  • 効果の現れ方は緩やかだけど本質的なケア

長年の知恵と最新の研究によって厳選された天然素材

植物由来の天然成分はさまざまあり、新しい成分も続々と発見されていますが、和漢植物の多くは、先人たちの長年の知恵や伝承により利用され続けてきた素材です。本当に美肌によいもの、人々に愛されてきた素材が今日まで伝わり、化粧品の中の一成分として利用されています。有用成分や配合目的などは種類ごとにさまざまです。

配合の組み合わせによって相性や効果の大小に影響

化粧品に配合される和漢植物成分は、数種類から数十種類とかなり複雑です。というのも、単体で用いた場合の効果はそれぞれにあるものの、一般的に多く組み合わせる程に相乗効果を発揮し、素材のエネルギーを最大限に引き出すべく、素材同士の相性や組み合わせなども長年の伝承や研究によって工夫がなされています。1+1が必ずしも2にならないところは、和漢植物の面白いところです。

効果を実感するには時間がかかるけど、肌を本質的に改善する

化学成分に比べると、和漢植物成分の肌へのアプローチは優しく緩やかです。肌に余計な負担をかけることなく、肌が本来持っている力を引き出して肌トラブルを改善し、美肌へ導いていきます。よって、一般的に即効性はなく、ある程度の期間使用を続けることで効果を実感できます。ただし、肌への効果が一度実感できれば、それは見せかけの美ではなく、肌を本質的にケアし始めていると考えられ、健康で美しい肌に繋がります。

和漢植物の総評

無添加化粧品や、オーガニック化粧品には特に多く取り入れられている和漢植物の天然成分。肌への刺激や負担が小さく、東洋医学を背景として、はるか昔から人々に愛されてきた天然素材も多くあります。西洋医学や化学成分に比べると、中にはその効果やエビデンスが不確かなものもありますが、一般的に効果は緩やかで優しく、使いやすい成分と言えます。短期間でのスピードケアを求めず、こつこつとケアを続けていきたいという方にオススメです。和漢植物の力を上手く取り入れた化粧品を使ってケアしていけば、肌本来の持つ健康な美しさをサポートしてくれるでしょう。

無添加化粧品おすすめブランドのご紹介

※ドクターの監修は『天然成分の紹介』カテゴリのみです。

このページの先頭へ