アトピーの方におすすめの無添加化粧品

あなたは知ってた?知って得するいちから学ぶ無添加化粧品とは?

昔に比べ、アレルギーや敏感肌と言う方が増えている昨今、無添加化粧品に対する関心も高まってきています。しかしながら、まだまだその存在を知らずに日々を過ごしている方も多いようです。その原因の一つとして、無添加化粧品はドラッグストアなどでの店頭販売に向かないという点が挙げられます(中には薬局などに置いているものもありますが)。無添加にこだわり防腐剤や安定剤などの化学成分を使わない化粧品作りに挑んでいるブランドでは、流通や店頭に並ぶ間に成分の劣化が進むリスクが高く、広く出回りにくいという欠点があるからです。

アトピーの原因と解決方法とは?

アトピーに悩んでいる方は年々増加、そして、原因についてはわかっていない部分も多く、体質的な要因や、環境的要因があると考えられています。アトピーでは、特定のアレルゲンに対して過敏反応を起こす他にも、バリア機能が低下していることで、さまざまな外部刺激に敏感になっています。悪化するとかゆみや傷み、炎症を引き起こすため、生活全般に渡り、注意するポイントがいくつかあります。スキンケアでは無添加のもの、化学成分を極力含まない優しいものを使ったケアを続けていくことが重要です。

アトピーを解決する3大ポイント!
  • 化粧品は無添加で優しいものを!
  • 生活全般を見直す
  • 薬物療法も躊躇しない

化粧品は無添加で肌に合った優しいものを!

アトピーは悪化すると激しいかゆみや痛みを伴ったりと、辛いものです。アトピーの原因は様々で何から改善すればいいの?と思われるかもしれませんが、ずばり化粧品全般を見直すことをおすすめします。シャンプー・リンスから基礎化粧品、メイクに至るまで、無添加でシンプルなものに切り替えましょう。いざ替えてみると、今までいかに多くの化学成分を肌につけていたかが実感できると思います。

生活全般に渡って改善・見直しを図る

アトピーケアは小さなことの積み重ねで大きな成果を生みます。生活全般に渡って小さな改善策を積み上げていきましょう。例えば、低い温度でのゆったりとした入浴を日に何度も行うこと、肌につける下着類を天然繊維のものに替える、食事を改善する、規則正しい生活を送る、内臓の調子を整えるなどは、アトピーに有効とされます。できるところからコツコツと改善し、見直していきましょう。

セルフケアには限界が…医師に相談の上薬物療法も取り入れる

アトピーは環境の変化や心理的な要因によって突然発症する場合があります。初めは肌荒れなのか、敏感肌なのかと、アトピーの可能性を否定してしまうかもしれません。まずは自分でできることからセルフケアしていくのも大切ですが、アトピーにはやはり薬物療法も効果的です。色々な方向からの対策を組み合わせていくことが、アトピーの改善に繋がります。アトピーかも?と思ったら、一度医師に相談してみましょう。

最も口コミ評価が良かった無添加化粧品ブランドとは?

このページの先頭へ