混合肌の方におすすめの無添加化粧品

あなたは知ってた?知って得するいちから学ぶ無添加化粧品とは?

「ノンケミカル」とか「天然由来成分」といった言葉があるように、化学的に合成された成分よりも、自然由来の成分が肌に優しいという風潮があります。無添加化粧品のコンセプトも、まさにそのような考え方が根底にあります。天然のものの方がよいイメージを抱きやすいですが、肌への刺激性や毒性の有無などがしっかり確認されたものを選びましょう。

混合肌の原因と対策方法とは?

混合肌とは、肌タイプの異なるゾーンが混在している肌のことです。顔のパーツでは一般的にTゾーンは皮脂量が多く、Uゾーンは乾燥しやすいですが、混合肌の場合はその違いが顕著になります。混合肌の原因は紫外線や不適切なスキンケア、生活習慣、ストレスなどさまざまです。そして、Tゾーンのてかりが気になるあまり、脂性肌と思い込んで顔全体に脂性肌用のスキンケアをしてしまうケースも多いです。肌のコンディションを見極め、パーツごとに必要なケアをしていくことが重要です。

混合肌を対策する3大ポイント!
  • 保湿ケアは念入りに!
  • パーツごとに柔軟に対応
  • 生活習慣を見直す

根底にあるのは肌の乾燥!保湿ケアは念入りにすべし

違いがわかりやすいのはTゾーンとUゾーンですが、どちらも共通して言えることは、乾燥しやすいということです。Tゾーンは、油浮きやてかりが気になるため、油分を補うケアは控えめあるいは省いてしまっていいと思います。ただ、洗顔後の化粧水による保水はしっかり行いましょう。さっぱりタイプの化粧水もありますが、使用感はさっぱりしていてもしっかり保水できるものでなければ余計に乾燥&油浮きが深刻化してしまいます。

パーツごとの特徴を把握し柔軟に対応

自分の肌タイプや特徴は大体把握していると思います。混合肌の方では、代表的なTゾーンとUゾーンの対比以外にも、目元や口元も乾燥しやすいですし、体調によってもコンディションは変化します。教科書通りの手順を踏んだスキンケアに囚われず、パーツごとに必要な成分を必要なだけ補うという柔軟なケアが混合肌には良いでしょう。

生活習慣や不摂生を見直してみる

20~30代の女性のおよそ4割が混合肌というデータもあり、混合肌を自覚している方は多いようです。程度の差はあれ、混合肌が進む背景には生活習慣の乱れやストレスなどが影響しています。お酒やたばこ、過度のダイエット、紫外線やエアコンの送風、睡眠不足などが体調を乱し、部分的に皮脂量が増えたり減ったりといった混合肌を招くとも考えられています。

最も口コミ評価が良かった無添加化粧品ブランドとは?

無添加化粧品おすすめブランドのご紹介

※ドクターの監修は『天然成分の紹介』カテゴリのみです。

このページの先頭へ