吹き出物は対策の仕方次第で化膿の悪化を防ぐ

吹き出物は対策の仕方次第で化膿の悪化を防ぐ

吹き出物が化膿してしまった場合の対策

吹き出物ができて、白い膿を持った状態になると目立ってしまうため、気になってしまったり、早く治そうとして潰してしまう人がいますが、化膿してしまった吹き出物を潰す対策は適切ではありません。

吹き出物ができてしまったら、適切なケアを行い悪化させないように対策することが重要ですが、放っておくと化膿してしまいます。また、間違ったケア方法を行ったり、雑菌がついたり、汚れた手で触ったり、患部を不潔にしていると化膿してしまう原因になります。

化膿してしまった吹き出物を潰すと、中にあった膿が出て一時的に小さくはなるので症状が良くなったと勘違いする人もいますが、潰してしまうと毛穴周辺の細胞が破壊されてしまい、色素沈着を起こしたりや潰した部分の肌が陥没して凸凹としたクレーター状になってしまいます。

一度できてしまった跡は、セルフケアでは簡単に治すことはできませんし、ひどい場合は一生跡として残ってしまうこともあります。

吹き出物を化膿させないために

吹き出物は、皮膚に刺激を与えるほど免疫反応を活性化させ、炎症が悪化してしまうことがあります。化膿してしまった際の対策としては、患部を清潔にし、痒みを抑えることが大切です。患部を洗ったり、保冷剤をタオルで包んで当てると、周辺の痒みを取り去る事が出来ます。しかし、過度に触れると逆に肌を傷つける事もあるので触りすぎには注意しましょう。

吹き出物が化膿した場合は、皮膚科を受診しましょう。治療は、炎症のレベルに応じた治療法で治療が行われますが、化膿した吹き出物には内服、外用の抗生物質が使用されることが多いようです。

また、ビタミンB2やビタミンC、亜鉛の摂取も最適です。ビタミンB2は肌のターンオーバーを整える作用、ビタミンCには色素沈着を予防、改善する作用、亜鉛には、傷の治りを高める作用があるので、 悪化を防ぎ、跡が残らないようにケアすることができます。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ