老化にしっかり対策したいなら光の影響も忘れずに

老化にしっかり対策したいなら光の影響も忘れずに

絶対焼きたくないあなたの光老化対策法

紫外線対策を行って太陽の光をカットしないと肌が老化してしまうと言われます。若い頃に紫外線を沢山浴びてしまいましたが、若い時期は回復力も早いので綺麗に焼けた程度の認識でした。

しかし、歳をとってからシミやシワに繋がって行く事になりまして、これは肌は若い時期でも浴びた紫外線の光によるダメージを記憶するという特徴があるので、加齢と共に紫外線の影響をくらって老化が進んでしまいました。

太陽の光を浴びないというわけにもいかないので、どのようにして紫外線を浴びないように対策を取れば良いのかは難しいものです。UVカットクリーム等を塗りますが、結局焼ける時は焼けますし、そういった市販の紫外線対策グッズを使っても、家に帰ってくると肌の水分が無くなってしまい、日によっては日焼けが起こっている事もあります。

いくら紫外線を避ける事が老化を防ぐといっても、全く光を避けて過ごしていくのは難しいですし、どういう紫外線の対策をして老化を防げば良いのでしょうか。

光老化を防ぎたいならチェックしたいこと

紫外線対策を行わないと、肌の光老化が進んでしまいます。紫外線は肌の水分を失わせますし、肌にダメージを与えてきて、シワやシミ、あらゆる肌トラブルや老化原因を作ります。対策方法としては、紫外線をなるべくカットする意識を普段から持つ事です。紫外線のUV-A波というものは、一年中曇りの日でも降り注いでいます。

肌の奥にあるコラーゲン等を傷つけ土台を壊し、ハリや弾力のない肌にさせて、やがて皮膚表面によれを作り、シワが深く刻まれていくようになります。可能な限り紫外線をカット行いましょう。

日中の最も紫外線が多い時間を避けたり、露出の多い服を避けたり、サングラスをかけたり、他にも保湿化粧水で肌に潤いをもたらせたり、ビタミンCがタップリ入った野菜や果物を取って紫外線ダメージを減らしましょう。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ