乾燥しがちな唇を潤いと仲良しにする対策方法とは

乾燥しがちな唇を潤いと仲良しにする対策方法とは

治りにくい唇の乾燥対策法

寒い冬が来ると冷たい外気でお肌は乾燥し、様々な肌トラブルを抱えてしまいがちになります。その中でも唇の乾燥は女性だけでなく男性にとっても悩みの種で、リップクリームなどを常備して対策している人も多いようです。

もちろんこまめにリップクリームを塗るということは、最も効果の高い対策方法と言えますが、それでもなかなか改善せず、唇が大きく膨れ上がってしまったり、切れて血がにじんでしまったりと、かなり深刻な状態になってしまうこともあり注意が必要です。そのような状態にまでなってしまう人をよく観察していると、本人も気が付かないうちに乾燥して突っ張るからなのか、唇をなめていることが多いようです。

これは症状を悪化させる原因と考えられており、意識して気を付けるようにしましょう。のどの乾燥対策も含めて、できるだけマスクをして加湿を行うことも改善につながります。
夜お風呂の中などで、たっぷりと塗ったリップクリームの上からラップをし、パックをしてあげると早く良くなるようです。

唇の乾燥をまねく原因を知ろう

寒い冬になると、老若男女問わず唇の乾燥に悩む人が増えてくるようです。中にはかさつきにとどまらず、赤く腫れ上がってしまったり、ひび割れて血がにじんでしまったり、女性であればこうなってしまうと口紅などを塗ることも出来ず、外出するのもいやになるほどでしょう。

効果的な改善対策として、リップクリームをまめに塗ること、唇を決して舐めないことがポイントです。のどの乾燥も防ぐ一石二鳥の方法として、マスクを装着し常に加湿状態にしておくことも大切です。
また夜、湯船につかる時などに、リップクリームや保湿クリームをたっぷりと唇に乗せ、食用のラップなどを張り付け、パックをしてあげるとかなりひどい状態でも改善されるようです。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ