湿疹は対策する前に種類を知って自分に合ったものを

湿疹は対策する前に種類を知って自分に合ったものを

代表的な3つの湿疹への対策方法

プツプツとかゆみを持った赤いものが肌にできてしまうと、とてもナイーブになってしまいます。この赤いものは、湿疹と呼ばれ、できる原因、対策は様々です。

一般的に3つの種類に分けることができます。接触性湿疹は、かぶれと呼ばれる症状で、皮膚に特定のものが接触することで原因で発生する場合と、アレルギーによってできる場合があります。

脂漏性湿疹は、頭や顔、身体など、広い部分に起こるもので、赤い斑状に広がり、細かい粉をふいたようになります。頭部にできると、ふけが大量に出てしまいますが、かゆみは少ないのが特徴です。

皮脂欠乏性湿疹は、皮脂が少なく肌が乾燥することによって刺激を受けやすくなるために起こる症状で、空気が乾燥する秋から冬になると近くになると増えると言われています。

皮脂腺の機能が発達していない10歳以下の子どもや、皮脂腺の機能が低下してきている高齢者に起こりやすい症状です。症状にあった適切な対策を行うことで改善することができます。

湿疹予防は清潔と保湿

接触性湿疹の場合は、下着や衣類の締め付け、摩擦によって起こりやすいので、刺激を感じたら着用をやめるようにすることで改善することができます。また、衣類が触れる部分にかゆみが出る場合は、衣類用洗剤や柔軟剤を変えてみるのもよいでしょう。

脂漏性湿疹は、皮膚科によるステロイド外用薬と抗真菌薬を使用した治療で改善ができます。投薬治療と並行し、皮膚の清潔を守り、ビタミンB群の摂取とバランスのよい食事、ストレスを抱えない規則正しい生活、UV対策をしっかりと行うとよいでしょう。

皮脂欠乏性湿疹は、肌が乾燥するために起こるので、保湿ケアを重点的に行います。肌が乾燥している状態は刺激を受けやすいため、空気の乾燥を防ぎ、入浴やかゆみを引き起こすものに触れないようにしましょう。ひどい場合は、皮膚科でステロイド外用剤や抗ヒスタミン剤の処方を受けましょう。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ