小じわは対策するにもまず原因を知ることから

小じわは対策するにもまず原因を知ることから

小じわの効果的な対策

しわとは、顔面の表情を表す筋肉、表情筋の収縮により皮膚に傷が生じることを意味します。すなわち、皮膚層のコラーゲンと弾力繊維の消失により皮膚の弾力性が失われ、皮膚の表面が深くへこんだ状態です。

肌の代謝機能が急激に低下するに従って皮膚の表皮の水分が減少し、エラスチンとコラーゲンの組織が緩んで老化細胞に変形させることができるのが原因で目元や口元のようなところに主に生じます。小じわができる原因では、肌の老化や紫外線、水分の減少、コラーゲンの減少及び変形、重力の影響など、様々な原因があります。

何の対策もないまま、肌が長時間紫外線にさらされると、過度に水分が蒸発され乾燥になり、皮膚が引っ張られる感じがしますが、その時の対策として保湿パックやマッサージなどで適切な処置が行わないと、すぐに小じわが発生することになり、続いて再び深いしわに発展することになります。その他にも、有害環境、大気汚染、ストレス、飲酒、喫煙なども小しわの原因となります。

お肌を小じわから守るために

既に生じてしまった小じわを完全になくすには多少力不足ではありますが、これらの額、眉間などの小しわを除去するための対策では、市販されている改善用化粧品、各種美容機器などを使用して改善させます。

まず、保湿ケアなどで十分に肌の水分管理をします。冷たい風の季節に、しわ、たるみ、乾燥など、肌トラブルが多いのは、肌の水分不足と関係があるからです。

洗顔後、お肌のタイプに合うスキンケアなどで角質層の水分量を調節し、肌の抵抗力を高めます。また、天然成分を使用したパックを1週間に1回程度してくれれば、血液の循環を助け、水分を供給し、健康な肌に導いてくれます。特に寝る前にアイクリームを毎日塗って、1週間に1回程度、目もと専用マスクをすると、さらに効果的です。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ