さかむけの対策には潤った皮膚の保護が肝心

さかむけの対策には潤った皮膚の保護が肝心

さかむけは親不孝のしるし?さかむけの原因と対策

さかむけはささくれとも言います。これは剥けた表皮の状態が木材などの毛羽立った状態に似ていることに由来します。ささくれになることを【ささくれる】【ささくれ立つ】とも言います。また「さかむけは親不孝のしるし」と言われますが、なぜさかむけが親不孝のしるしとなるのでしょうか。
saskure
諸説ありますが、1つは親から授かった身体を大事にしなさいという意味があります。
もう一つにはさかむけが出来ているという事は、手が荒れているということです。
そうすると炊事、洗濯など家事手伝いができなくなる、つまりは親の手伝いができなくなり親不孝だ、という意味です。

ささくれは皮膚の油分と水分の不足で起こります。つまりは【皮膚の乾燥】です。皮膚の油分が不足すると皮膚から水分が蒸発して乾燥するためです。他には栄養不足、水仕事や洗剤や除菌剤などの薬が原因となっています。
お肌に優しい無添加のハンドクリームについては『おすすめの無添加ハンドクリーム 効果 口コミ評価が高いのは?』をご覧ください
対策としては油分で皮膚をコーティングして皮膚を乾燥から守ることと、栄養をとって皮膚を保護することです。ではどのような対策がよいのでしょうか。

さかむけ予防のケア方法

さかむけを予防するには皮膚を乾燥から守る必要があります。まずハンドクリームやオイルをこまめに使用することが大事です。なぜなら手はなにかと汚れますし、その度に石鹸やアルコールなどの除菌剤で拭いたり、洗ったりするからです。
洗ったり、拭いたりすると油分が失われますから、こまめに手先や指先にハンドクリームを塗る、あるいは馬油のようなオイルを塗るのも効果的です。また、水仕事やクリームを塗った後にゴム手袋を使用するのも効果的です。というのも保湿が治療には一番効果的だからです。さらに栄養で補うことも大事です。
爪まわりの血行や保湿を高めるには、ビタミンAやB2、B6、そしてビタミンCの補給が有効です。栄養を摂りつつ、クリームやオイルで保護しながら手袋で保湿を行うと、さかむけ対策として万全といえるでしょう。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ