かかとが乾燥しがちな人はガサガサ対策に潤いを

かかとが乾燥しがちな人はガサガサ対策に潤いを

ガサガサかかとの原因

冬になると、足のかかとがガサガサになる人は多いです。かかとがガサガサになると、ストッキングが破れたり、酷くなるとひび割れを起こして出血することもあります。
kakato
かかとがガサガサになる原因は、足の裏に皮脂線がないため乾燥しやすいという原因があります。冬場は空気が乾燥することと、冷えから血行不良になり新陳代謝が低下して、肌が乾燥しやすくなります。

また冬場は、床暖房やホットカーペット等が原因で足の裏から水分が失われ乾燥しやすくなります。乾燥する季節に、足のガサガサを防止するためにはどのような対策が必要でしょうか。まず対策としてあげられるのが、足の裏の保湿と角質を除去することです。

保湿も大切ですが、角質を除去するかが大変重要になります。古い角質が残ったままで保湿をするよりも、角質を取り除いてから保湿する方が、角質の水分量が高くなりますし、角質を取り除いてから保湿する方が、角質を取り除かずに保湿する場合に比べて、角質の水分量が約4倍になります。

赤ちゃんのようにすべすべを維持 ガサガサかかとにならないためには

ガサガサのかかとを滑らかにする対策ですが、まず角質を除去する方法です。角質を除去するためには、足の裏用のヤスリや軽石で削る方法が一般的です。ただ上手に削らないと、足の裏がかえってガサガサになったり、削りすぎて肌を傷つけてしまうこともあります。削る際には、肌を十分柔らかくして削るようにします。

この時に力を入れてしまうと、うまく削る事ができませんので、力を入れず軽く削る事がポイントです。フットケアのプロにお任せするのも一つの手です。

また最近では、角質を削らずにケアできるスクラブタイプの足裏用の石鹸が販売されています。主にドラッグストア等で販売されていますので、試してみるのもよいでしょう。角質を取り除いた後は、必ず保湿ケアも忘れずするようにしましょう。

乾燥肌の方におすすめの無添加化粧品

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ