粉吹き肌の対策には乾燥に注意するのが基本です

粉吹き肌の対策には乾燥に注意するのが基本です

白くカサつく粉吹き肌への対策方法

冬の乾燥する時期になると、スネや二の腕、背中などが白く粉を吹いてしまう場合があります。なぜ、ここまで粉吹き肌になるまで乾燥が進んでしまうのかというと、肌の角質部分に問題が隠されているのです。

粉吹き状態をそのまま放置していると、悪化してしまう為、早めの対策が必要です。健康な肌は皮脂膜や角質にある細胞と細胞の間が、細胞間脂質が埋めており水分を十分保った状態をキープしています。細胞間脂質がしっかりある事で、肌のバリア機能も正常に働き乾燥を防いでくれるのです。

しかし、肌の乾燥が進んでしまうと皮脂膜や細胞間脂質が少なくなり、細胞同士の結合が緩くなってしまいます。すると角質が剥がれやすくなり、白い粉が吹いてしまう状態になる為、粉吹き肌状態に陥ります。

しかも、ただ単に粉を吹くだけでなく、細胞と細胞の間に隙間が出来る事で、外からの刺激を受けやすくなり皮膚の炎症などのトラブルを起こし、ますます肌状態が悪化してしまうのです。粉を吹いてしまう肌は、まずバリア機能を高める対策を行う必要があると言えるでしょう。

粉吹き肌にならないための保湿と食事

肌の表面に白い粉が吹いてしまう、粉吹き肌はまず保湿対策を行う事が大切です。皮膚の表面に皮脂の膜を作り水分の蒸発を防ぐワセリンや、角質層に水分をキープする作用のあるセラミド、体内の水分を角質層に取り込む尿素などは、乾燥肌のケアに有効です。

このような保湿成分が配合されているクリームを、毎日塗り続ける事で徐々に肌の乾燥は収まります。またスキンケアだけでなく、身体の中からケアする事も乾燥対策には重要です。

細胞と細胞を繋ぐ役割のあるタンパク質の摂取や、健康的な肌を作る為に欠かせないビタミン類は、意識的に摂取したいものです。肌に良いビタミンにはビタミンAやビタミンB2やB6といったビタミンB群、ビタミンCなどが挙げられます。ビタミンAはレバーやチーズに、ビタミンB群はアーモンドや大豆、ビタミンCは野菜や果物に多く含まれているので、毎日の食事に取り入れ乾燥肌対策を行いましょう。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ