あかぎれは正しい対策方法でクリームの効果を活かそう

あかぎれは正しい対策方法でクリームの効果を活かそう

手荒れ、あかぎれの原因と対策

自分ではきちんとあかぎれ対策をしているつもりなのに、頻繁にあかぎれや手荒れになる方がいます。しっかりクリームや乳液を手に塗っているはずなのに、ますます手荒れがひどくなり疑問を持っている人も非常に多いものなのです。
akagire
特に冬場はお湯を使って食器を洗ったりします。その後しっかり手をタオルで拭かないで半乾きで湿った状態にしていると、あかぎれを促進させるのです。

冬場は空気が乾燥しており、手に残ったお湯や水気が蒸発する際に、肌の水分も一緒に蒸発させてしまうのです。そのため冬場は特に食器を洗った後は手をしっかり水気がなくなるまでタオルで拭う対策が必要です。

できれば冬場でもお湯ではなく水で食器を洗うようにすると、あまりあかぎれにならない傾向があります。

また極力手を水に触れない工夫が大事です。食器洗いのときはゴム手袋を使うなど、水に触れることを完全にシャットアウトするのも手荒れ対策の賢明な方法と言えるでしょう。

あかぎれ予防は徹底した保湿ケアから

あかぎれを抜本的に解消する対策として、食器洗い、外出時はかならず尿素のクリームをしっかり塗ってから手袋をすることが大事です。

水気や乾燥から手を守り、なおかつクリームを塗った上に手袋で手を温めることで、尿素などのクリームの有効成分を手の皮膚の深層まで浸透させることができるのです。

尿素のほか、セラミド、コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸成分が含まれたクリームを使うと細胞間脂質や細胞間の保水力を高め潤いのある肌に導かれるのです。

手の保湿効果を高めるほか、シワやたるみ知らずの若々しい肌に仕上げてくれエイジングケア効果も期待できるのです。あかぎれだらえけの手は、所帯臭さや年齢を老けさせて見せます。こうした手のケアも美しさをキープする上で非常に大事な事なのです。

肌荒れに悩んでいる方におすすめの無添加化粧品を紹介

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ