頭皮のカサブタは正しく対策をしてかゆみも除いて

頭皮のカサブタは正しく対策をしてかゆみも除いて

頭皮にできるかさぶた対策

まれに出来てしまう「頭皮のカサブタ」。人によっては日常的にできてしまい、かゆみがあり気になって引っ掻いてしまい、また新しく出来ての繰り返しになってしまうこともあると思います。
剥がすと痛みも伴って出血してしまったり、そこから雑菌が入ってさらに症状を悪化させてしまう事もあります。ですが、しっかりとした対策を行う事で、これらの症状を改善、予防することが可能です。
頭皮に出来るカサブタは、多くが脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)と呼ばれていて、フケが発生したり、かゆみが出たり、赤くなったり、カサつくなどの症状も見られます。

さらに進むと皮脂が詰まって炎症を起こし、抜け毛や薄毛の原因になってしまう事もあります。これが出来る原因には様々なものがありますが、主に「頭皮の乾燥」「合っていないシャンプーやリンスの使用」「紫外線」が原因となっているケースが多いようです。カサブタを出来なくするためにはどのような対策が有効なのでしょうか?

頭皮のかさぶたを防ぐためには

頭皮のカサブタの予防対策として有効なのは「皮脂の分泌を抑えること」です。そのためには、現在使用しているシャンプーやリンスを刺激の少ないものに変えたり、洗う時にはマッサージするように洗い、シャンプーが残らないようにしっかりすすぐ、熱すぎるお湯ですすがない、などと心がけるようにすると良いでしょう。
低刺激のシャンプーについては『おすすめの無添加シャンプー 効果 口コミの評価が高いブランドは?』をご覧ください
紫外線が頭皮にあたらないように、日差しの強い日は帽子をかぶるなども有効です。また、カサブタが出来てしまった際には引っ掻かない事、無理に剥がそうとしない事も重要です。

タバコやストレス、睡眠不足なども皮脂の分泌を促してしまいます。きちんとした生活習慣を送るように心がけましょう。また、食生活も多く影響を与えるため、野菜を中心とした食べ物にしましょう。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ