加齢肌が引き起こす肌トラブルの原因に注目

加齢肌が引き起こす肌トラブルの原因に注目

加齢肌と肌トラブルの関係について

加齢肌による肌トラブルの始まりは25歳頃から起きるといわれています。まず皮膚の分泌作用や新陳代謝の低下によって水分不足になり、皮膚が硬くなってしまいます。

そして細胞自体が萎縮してしまうので、大きさがばらばらになります。すると細胞と細胞の間に隙間ができ、皮膚の水分が失われて保湿機能がかなり下がってしまうのです。

それから新陳代謝の低下が起きます。普通であれば28日周期くらいで皮膚は生まれ変わりますが、加齢肌になるとその周期がだんだん遅くなってしまうのです。汗腺の機能も加齢と共に低下してくるので角質層の水分低下を招いてしまい、肌の乾燥へとつながってしまいます。

角質層の乱れはバリア機能の低下につながり、肌トラブルが起きやすくなってしまいます。これによってシワやたるみ、ほうれい線が実年齢以上に目立ってしまうことがあります。実年齢と肌年齢の差が広がってしまわないように、いつまでも若々しい肌作りを目指しましょう。

加齢肌による肌トラブルにはまず第一に保湿が大切です。ほうれい線に効果的なのはコラーゲン、小じわや肌の乾燥に向いているのはヒアルロン酸やセラミドです。これらの成分がたっぷりと含まれている低刺激の化粧品を使うのがおすすめです。

また肌や体の老化につながる活性酸素の対策もしっかりとしておきましょう。食べ物やサプリメントなどで対策をしやすいです。例えばミネラル、ビタミン、ポリフェノールなどは良いですし、マイナスイオンや水素の含まれる飲み物もありますのでそれを積極的に摂るようにするといいです。

活性酸素を発生させにくい食事は断然和食です。和食を中心にして、できれば白砂糖や添加物、脂物、揚げ物、肉類、牛乳は控えめにしておくと良いです。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ