混合肌対策で肌トラブルの土台から根絶する

混合肌対策で肌トラブルの土台から根絶する

混合肌と肌トラブルについて

混合肌の人は、肌トラブルになりやすい傾向にあります。というのも、部分的に乾燥している箇所と脂っぽい箇所があるため、スキンケアがどちらか一方に偏ってしまうためです。

脂っぽさを抑えるためにさっぱりするタイプのスキンケアを行うと、肌の水分が不足してしまうことがありますし、逆に保湿を多めにするように気を付けると、今度は肌がべたべたしてしまいがちです。

そして、水分と油分のバランスが崩れた肌は皮脂の分泌量が変化したり、肌質が変化してしまうため、肌トラブルを招きやすくなってしまいます。

混合肌の人の場合、吹き出物やかさつき、赤み、かゆみなどが出やすくなっていますので、正しいケアをするとともに、トラブルが生じたときには早い段階で適切な対策を取ることも重要になります。

悪化してくるとこれらのトラブルが治りにくくなってしまいますので、日常的なスキンケアできちんと予防をしながら、トラブルを内容ごとに治療していきましょう。

混合肌の人は、日常的なケアで保湿を怠りがちですが、水分が十分肌に浸透していると、皮脂の過剰分泌が抑制されますので部分的にオイリーな肌トラブルを改善できます。

そのため、保湿は十分に行い、脂っぽい部分は乳液やクリームの使用をやや少なめにするなどでバランスを取りましょう。また、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料は乾燥を加速させますので、物足りないと感じても低刺激で不要な汚れのみを落とすものに切り替えましょう。

トラブルがみられたときには、早めに皮膚科に行って適切な薬を処方してもらいますが、オイリー部分と乾燥部分では使う薬が異なる場合もありますので、違う箇所にトラブルが見られたら再度受診するのがおすすめです。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ