便秘は体調だけではなく肌トラブルの悪化も招く

便秘は体調だけではなく肌トラブルの悪化も招く

便秘が原因で生じる肌トラブルについて

肌トラブルは間違った肌ケア方法やストレス・外的要因などで引き起こされる症状として代表的ですが、個人の健康状態とも大きな関連性を持っており、その1つとして便秘が原因となること例も存在します。

主にニキビを始めとした吹き出物の発生と肌荒れがこれに該当する症状であり、自律神経系の乱れと血流及びリンパの流れが関係していると言われています。

便秘の状態においては、排出されるはずの老廃物が長期間体内へ蓄積されてしまい、それが血液に溶け込んで全身へと運ばれてしまう危険性があります。

腐敗した老廃物は有害物質に該当するものであるため、全身の健康状態に悪影響を与えると同時に表皮の下に位置する毛細血管の活動を妨害する要素となり、肌トラブルのリスクを高めてしまいます。

このような状態では肌の健康に必要な栄養素や水分・酸素の運搬が効率よく行えないので、ターンオーバー機能が正常に働かず、ニキビや吹き出物の発生率を高める結果となります。

便秘が原因で引き起こされる肌トラブルを改善するには、根本的な原因である腸内環境の改善が最優先です。身体の中を綺麗に保ちつつ肌の免疫力とターンオーバーを取り戻す必要があります。

まず、食生活において食物繊維や酵素といった便秘に有効な成分を積極的に取り入れ、こまめに水分を補給するよう心がけておくと症状の緩和に効果的です。

食生活での摂取が難しい場合には、健康食品やサプリメントを用いて改善を目指す選択も効果が見込め、コストは掛かるものの比較的簡単に便秘を解消できる手段とされています。

腸内環境が改善されればこれらが原因で起こる肌トラブルは自然と治まっていく傾向にあるため、健康面を配慮しつつ適切な肌ケアを心がけておくと正常な肌状態を維持できる可能性も高まります。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ