乾燥によるかゆみが他の肌トラブルの前兆となる

乾燥によるかゆみが他の肌トラブルの前兆となる

乾燥が原因のかゆみとその肌トラブル対策について

乾燥の厳しい季節は、とくに肌トラブルが多い時期でもあります。お肌が乾燥していると、それだけダメージを受けやすい状態となっています。乾燥によってお肌の水分量が不足することによって、バリア機能が失われ、その結果肌トラブルへと繋がってしまうのです。

主な症状としては、かゆみや粉ふきなどがあります。乾燥の症状が酷くなると、かゆみの部分が赤みを帯びて来てヒリヒリするかゆみとなってきます。この状態の時は、お肌は非常にデリケートになっています。

かゆいからとってかきむしってしまうと、症状をさらに悪化させる原因となります。かゆいと実感するまえに、チクチクとした弱い刺激を感じるようになるので要注意です。

ファー付きのコートなど、顔周りにファーの部分が当たってしまうと、かゆみが増してしまうので、できるだけ顔へ触れない洋服や髪型を心がけるようにして、お肌への刺激を極力抑えるようにしてみましょう。不快なかゆさは迅速に解消したいですよね。

こういった、乾燥による肌トラブルをすばやく解消するために重要なのが保湿です。お肌にしっかりと化粧品を浸透させることで、お肌の水分量を満たすことができ、バリア機能となって、肌トラブルからお肌を守ってくれるのです。

かゆみなど、お肌に刺激を感じるほどの症状の時は、低刺激の基礎化粧品を使用するなどの工夫が大事です。オフィスなど、特に乾燥の激しい場所に長時間いる場合は、こまめにお肌に水分を補給しましょう。

小さめのボトルなどに化粧水を移しておき、一定の時間ごとに顔に吹きかけるようにします。こうすることで、お肌を長時間の乾燥から守ることができるのです。夜のスキンケアも同様に、時間をたっぷりかけてケアしていくことが大事です。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ