肌トラブル対策で気になるヘルペスの悪化を防ぐ

肌トラブル対策で気になるヘルペスの悪化を防ぐ

ヘルペスと肌トラブル

ヘルペスとは、ウイルスによる感染症のことであり、様々な種類があります。感染する種類により症状は異なっており、肌トラブルの原因となったり肺炎や網膜炎等の内科的疾患に見舞われるケースもあります。

基本的には、水ぶくれが複数発生して、痛痒い状態が継続します。水ぶくれが破れてかさぶたとなると1週間から2週間程度で収まります。ヘルペス等の感染症は、免疫機能が低下している時に起こりがちです。体のあらゆる部位にもできるのですが、唇と性器周辺にできるものが代表的です。

唇周辺にできたものは、非常に目立ってしまいます。大人だけではなく、子供がかかりやすい種類のものもあります。単なる肌トラブルと考えるのではなく、感染症としての対処が必要となります。疲労が蓄積すると免疫力が低下してしまい、体には様々な不調が起こりやすくなります。

ヘルペスも疲れている時に、再発するケースが多く見られています。ただし特別な症状ではないので、改善することは可能です。

ヘルペスが発症した場合は、触ると感染してしまうので、他の部分に移ってしまうケースがあります。このために、肌トラブルが拡大してしまうので、できるだけ触れない様にすることが必要となります。1週間から長くても2週間程度で収まるので、刺激を与えない様に我慢しなくてはなりません。

ヘルペスウイルス自体を具体的に退治することは、現代医学ではできません。このために、抗ウイルス剤等を用いて、症状を抑制するということを目的とした治療が行われています。予防方法としては、免疫力を高めておくことが効果的です。

仮に感染してしまっても発症することを防止できるからです。ただし、無理をしてしまうと悪化するので、早い段階で医療機関で診察を受けておくことが有効です。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ