肌トラブルを長引かせる炎症を原因から解消させる

肌トラブルを長引かせる炎症を原因から解消させる

肌トラブル特集!炎症対策とは

急に肌が真っ赤に腫れたり、湿疹や吹き出物などのブツブツができたり、肌がカサついてかゆくなることがありますが、皮膚炎や湿疹のような肌の炎症は突然起こるので厄介です。

なぜいきなりこんな肌トラブルが起きるのかというと、細菌や異物などが皮膚の中に入ったため、それを除去しようと、体内の免疫システムが働くのが主な原因になります。肌の赤みやブツブツなどの肌トラブルはアレルギー反応なので、これを防ぐためにはそもそも細菌や異物などが皮膚の中に入らないようにしなければなりません。

しかし年齢を重ねると、肌を守るバリア機能が低下しますし、そのときの体調やホルモンバランスが崩れることによっても、皮膚は外部からの刺激を受けやすくなります。

女性が生理前に肌トラブルが起きやすくなるのはそのためですし、季節の変わり目や花粉が多い時期なども、肌のバリア機能が低下するので、皮膚にさまざまな炎症が起こりやすくなるので注意するようにしましょう。

湿疹や吹き出物などの肌の炎症が起きた場合は、決してかきむしらないようにしてください。かゆみがひどい場合は患部を冷やすと、かなり治まるので、間違ってもかいたりして、悪化させないようにしたいですね。

肌が硬くなったり、色素沈着を起こすことがあるので、それだけはしないようにしましょう。それでも状態が良くならない場合は、皮膚科のお医者さんに診てもらい、適切な薬を処方してもらうことをおすすめします。

そもそも炎症のような肌トラブルが起きないようにするためには、普段からのスキンケアが重要です。普段使っている化粧品を敏感肌用の化粧品に切り替えるだけで、外部の刺激からお肌が守られ、細菌や異物が皮膚に侵入しにくくなるので、できるだけ口コミの評判の良いものを選んで使うようにしてください。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ