肌トラブルを避けるための化粧水の正しい使い方

肌トラブルを避けるための化粧水の正しい使い方

化粧水と肌トラブルの関係および対策について

お肌を整えるために使用する化粧水が、肌トラブルに関係していることがあります。それがいわゆる、「お肌に合わない」ということになります。

年齢や環境によってお肌の状態は変化しますので、これまで問題なく使えていた化粧水が、急にお肌に合わなくなって、肌トラブルを引き起こしてしまうことはめずらしくありません。

肌質が変わってしまう原因も様々です。ストレスやホルモンバランス、妊娠や出産も影響してきますので、それだけ女性の身体は複雑だということが分かりますよね。化粧水には、品質を保つために必要な、合成界面活性剤や防腐剤などにくわえ、合成香料や合成着色料が配合されているものもあります。

そういった成分に反応して肌トラブルが起こることはよくあることです。いつも使っていた化粧水が原因と気づくまでに時間がかかることもありますが、なかなか完治しない長引く肌トラブルの場合は、使用を一度止めて、様子を見てみてはいかがでしょうか。

化粧水の肌トラブルで多いのが、化粧水に含まれている香料などにお肌が反応して起こるものです。若いうちは問題なく使えていても、年齢を重ねるにつれて、そういった成分にお肌が敏感になってしまうことはよくあることです。

これからは、購入前に、化粧水に含まれる成分をよく確認することも重要ですね。無香料のものであるとか、無添加のものであるとか、防腐剤を使用していないものは、敏感なお肌でも問題なく使えることが多いですよ。

また、洗顔にも注意しましょう。洗い過ぎると、必要な水分まで奪ってしまい、お肌がダメージを受けやすい状態になってしまいます。少しの洗顔と、たっぷりの保湿をして、クリームでそれを閉じ込めて、潤いを逃がさないようにしましょう。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ