生理周期に合ったケアでいつでも肌トラブル無しに

生理周期に合ったケアでいつでも肌トラブル無しに

生理と肌トラブルの関係について

意味もないのにイライラしたり、食欲が高まったり、ニキビなどの肌トラブルが起きやすくなる、という経験をお持ちの女性は多いでしょう。それが波となって毎月一定の時期にやってくるとなれば、それは生理が原因なのかもしれません。

肌トラブルとなぜ関係しているのか、それはホルモンバランスが乱れるためです。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。

エストロゲンは美のホルモンとも言われ、女性らしい丸みを帯びたボディラインの形成、美しい髪、爪などの形成に役立つホルモンです。それに対してプロゲステロンは妊娠に欠かせないホルモンなのです。

通常はこの2つのホルモンがバランスよく保たれているのですが、生理前2週間はプロゲステロンというホルモンが最も分泌され、バランスが乱れます。このプロゲステロン、受精卵が着床しやすい環境に整えるという重要な役割を果たしているのですが、それ以外にも皮脂の分泌を活発にしたり、イライラさせたりするのです。

生理前に肌トラブルが起こりやすくなるのは、上記のようにホルモンバランスが乱れるためなのです。だからといってホルモンを補充するわけにはいきませんよね。それではどうやって肌トラブルを回避したらいいのでしょうか。

まずは入念なスキンケアです。いつもよりしっかりケアしましょう。皮脂の分泌が盛んだからといって洗い過ぎは禁物です。多くても洗顔は朝夕の1日2回にしましょう。そしてその後の保湿ケアは忘れないでください。これを怠ると皮脂の分泌がさらに活性化されてしまいますので要注意です。

また、食事にも注意しましょう。イライラするので甘いものを食べたくなりますが、そればかり食べてはいけません。かといって禁止するとストレスがたまるので、甘いものは少しだけにして、野菜や豆類など中心のヘルシーなメニューの食事にすることです。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ