水分補給のポイントが乾燥肌予防にもなる理由

適切な水分量が肌トラブル予防にもなる理由

水分不足が原因で生じる肌トラブルとその対策

肌にとって、水分は欠かせない重要なものです。肌が乾燥した状態でいると、様々な肌トラブルを招いてしまいます。まず、肌が乾燥していると、皮脂の分泌がスムーズにできません。

皮脂はふつう適度な量で肌をコーティングしていて、肌を守る役割を持ってます。これがなくなってしまうと肌はむき出しの状態で外部からの刺激を受けてしまうことになり、とても危険です。この状態のとき、肌にはかゆみや痛み、赤みなどが見られます。

ただの肌荒れなどと安易に考えて放っておいたり、かゆみに耐えられなくなって掻いてしまったりすると、やがて皮膚炎となり、酷い症状の場合には一生跡が残ることになりかねません。

また、乾燥による皮脂の減少で、ニキビもできやすくなります。皮脂が多すぎると毛穴が詰まりニキビができやすくなりますが、逆に少なすぎた場合は、毛穴が弱り細くなって詰まってしまうのです。

その他、しわやたるみも、水分不足は大いに関係しています。こういった肌トラブルを防ぐためにも、水分不足対策は日ごろから心がけて行うべきでしょう。

肌の水分不足を防ぐには、とにかく保湿することが大切です。肌が乾燥しているなと感じている人は、一度生活を見直してみることがいいでしょう。

まず、十分に肌にうるおいを与えているかどうか。毎回の洗顔後などに化粧水やクリームで肌にうるおいを定期的に与えることは、乾燥対策の基本です。とくにお風呂上りにしっかりと保湿ケアをするとより効果的です。

また、部屋が乾燥していては、せっかく肌にうるおいを与えてもどんどん乾いてしまって効果が得られません。暖房のかけすぎに気を付けて、加湿器を置くなどして部屋にもうるおいを与えましょう。

不健康な生活が肌質の悪化を招く場合もあります。適度な睡眠、暴飲暴食は避ける、適度にストレスを発散するなどして、健康的な生活を心がけることが大事です。こういった対策を日ごろから心がけ、水分不足による肌トラブルとは無縁の生活を送りましょう。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ