肌トラブルの延長による色素沈着を起こさないために

肌トラブルの延長による色素沈着を起こさないために

色素沈着と肌トラブルの関係について

ニキビや湿疹などの肌トラブルが起こった場所に、色素が沈着する新たなトラブルを起こすケースは少なくありません。色素沈着ができると、目立つため気になる方も多いでしょう。

ニキビや湿疹といった肌トラブルが起こっているところに紫外線を浴びてしまうと、皮膚をダメージから守ろうとし、メラニン色素が大量に生成されます。メラニン色素は黒っぽい色をしているので、そのまま肌に残ってしまうと、色素沈着を起こしてしまうのです。

通常ですと肌のターンオーバーと言われるサイクルにより、メラニン色素は垢として体外へと排出されます。しかし不規則な生活や睡眠不足、加齢などでターンオーバーが正常に行われないと、そのままメラニン色素が肌に沈着してしまいます。

また肌を必要以上に擦る、触るといった刺激や、顔ぞりなどのダメージでも、色素沈着を起こす原因となります。色素沈着を予防するためには、紫外線から肌を守ると同時に、不必要に肌へダメージを与えないことが大切です。

ニキビや湿疹などの肌トラブルから、色素沈着が起こることもあります。このようなトラブルを起こさないためには、まず紫外線対策をしっかり行うことが大切です。肌がダメージを負っている所に、紫外線を浴びてしまうと、メラニン色素が大量に作られ、色素沈着ができやすくなります。

ですので、肌にトラブルがある時こそ、しっかり日焼け止めなどで紫外線対策を行いましょう。この他にも洗顔やスキンケアで、必要以上に肌を擦らないということも大切です。洗顔を行う時は洗顔料をたっぷり泡立てて、皮膚を擦らないようにしましょう。

また化粧水をコットンに含ませ、叩くようにつける方もいますが、コットンによるパッティングは刺激となり、色素沈着が起こりやすいため、化粧水などは叩き込まず優しくつけることがおすすめです。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ