産後のデリケートな時期につきものの肌トラブル

産後のデリケートな時期につきものの肌トラブル

産後の肌トラブルの原因とその対策について

産後の肌トラブルは、多くの女性が経験するものです。妊娠と同時にお肌の状態が良くなるのと同じで、産後にもまたお肌に変化が現れるのです。おもな症状は、これまで使っていた化粧品が、突然合わなくなるというものです。そしてお肌のかさつき、赤みなどです。

出産後はしばらく生理が止まってしまうため、そのせいで周期も乱れ、ホルモンバランスが乱れてしまうことによって、こういった肌トラブルが起こります。そして、慣れない育児のストレスや、睡眠不足など、生活リズムも不規則になってしまいます。

お肌にとって、あまり良いとはいえない生活リズムが続くことから、さらに肌トラブルの症状が悪化してしまうこともあります。かゆみをともなう湿疹ができることもあります。

免疫力が落ちていることや、ストレスなどが原因として考えられますが、産後の生活リズムが整ってくることに比例して、症状が改善するケースも多いので、経過観察をしてみるのもよいでしょう。

こうした産後の肌トラブルの症状は、一時的なものであることが多く、自然に治るケースも多いです。まずはストレスを少なくすること、育児のペースを掴むことなどを大事にし、薬をいろいろ試したりしないようにしましょう。

特に、授乳にも影響が出てくることもあるので、強い薬などは厳禁です。もし化粧品を変えるのであれば、お肌に優しい低刺激のものにしてみたり、無添加のものがおすすめです。あまりスキンケアに時間をかける余裕がないことが多いので、サプリメントや果物を多めに摂取することもおすすめです。

産後はゆっくりと身体が元に戻っていきます。そのスピードに逆らわず、気持ちにゆとりをもって改善していくようにしてみてはいかがでしょうか。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ