気になる赤みを解消する肌トラブル対策の方法

肌の赤みに対応する!肌トラブル

敏感肌の方によく見られる肌トラブルのひとつに、赤みがあります。皮膚の最上部にある角質はとても薄いのですが、花粉やカビ、化学物質など外部からの細菌の侵入を防ぐバリア機能が備わっています。

赤みの原因は、この薄い角質層がさらに薄くなる、また角質層がなくなることで引き起こしてしまいます。角質が薄くなってしまうと外部からの刺激をダイレクトに受けてしまい、真皮にある毛細血管が浮き出てくることもあります。さらには免疫力が低下して、ニキビや炎症などの肌トラブルを引き起こして赤みを伴います。

有害物質がからだに入ってきたときに、やっつけようと戦うのが免疫です。これは場合によっては、敵に過剰に攻撃したり、敵ではないものにも誤作動を起こして攻撃してしまうこともあり、炎症を起こしてしまうのです。

炎症は外部からの刺激からからだを守る反応でもあるので、私達人間には必要なものですが、赤みを予防するためには角質が薄くなることを改善しなければなりません。

角質が薄くなってしまったという人に最も大切なことは保湿です。保湿をしっかりと行っていれば肌の潤いをキープすることができ、自己治癒力を高めることができるので肌トラブルを予防することができます。

スキンケア製品はセラミドが配合されたものなど保湿力の高いものを選ぶようにしましょう。角質層で水分を保持できるだけでなく、バリア機能も兼ね備えているので角質の薄い人にはおすすめです。

また、洗顔石鹸も正しく選ぶことが大切です。一般的な洗顔石鹸は界面活性剤や防腐剤などが入っているので、肌に刺激を与えてしまい赤みの原因になってしまいます。

できるだけ植物成分が配合されたものや無添加の固形石鹸を選び、バリア機能を低下させないようにぬるま湯で洗い流す程度にとどめておくと良いでしょう。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ