老化対策は肌トラブルを防ぐためにも重要なもの

老化対策は肌トラブルを防ぐためにも重要なもの

老化と肌トラブルの関係とは

肌トラブルが気になり出したら、病気や体調の悪化などだけでなく、老化についても考慮してみるとよいでしょう。元々、肌というのは体調をあらわしやすい部分ではありますが、肌トラブルが続く場合には代謝機能が衰えていたり、肌質が若い頃と比べて弱くなっている可能性が高いです。

肌は真皮層で定期的に新しい細胞を作り出し、古い細胞は角質として体外に押し出されて排出されていきます。しかし、年をとったりストレスや喫煙、乱れた食生活などが原因でその機能が弱まってくると、細胞が作られなくなります。

その結果、古い細胞がいつまでも肌に留まり続け、乾燥してバリア機能も弱まってきます。必然的に肌はさらにダメージを応用になり、シミやしわ、たるみなども生じるようになります。

このような肌の老化は乱れた生活をしている人の場合、比較的若い年齢の人にも見られるようになっていますので、実年齢に関係なくスキンケアには注意を払う必要があります。

肌トラブルを避けるためには、このような老化の原因を突き止めて、極力防ぐようにするのが最適です。例えば、肌の衰えは酸化がもっとも大きな影響を与えているといわれていますが、加齢だけでなくストレスや喫煙、睡眠不足、食事の栄養バランスの乱れなども主な原因となっています。

紫外線は極力避けて、健康的な食事や生活習慣を身につけましょう。また、入浴やアロマなどでストレスを和らげると共に、アンチエイジング効果や代謝機能を活性化させる作用のあるスキンケア商品を使ったり、体内の活性酸素を無毒化するサプリメントなどを利用するというのも一つの方法です。

美容と健康、双方に効果が現れるようになりますので色々挑戦しましょう。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ