加齢による肌トラブルの一つたるみを予防するには

加齢による肌トラブルの一つたるみを予防するには

肌トラブルとたるみケアとは

肌トラブルでも、たるみは外見の印象に影響が出やすいこともあり、気になるものです。目の下などデリケートな部分はとくに目立ちますし、顎のラインなどもシャープさが失われ、顔が大きく見えてしまう傾向にあります。

こうした肌トラブルは老化が進むことで起こるのですが、そこには複数の要因が影響しているのをご存じでしょうか。たとえば、水分の不足です。人の体は多くの水分を必要としていますが、残念ながら必要な量を維持する力は段々と衰えていきます。

体の保湿する力が衰えると、肌の水分量も減少します。結果、乾燥肌となってあらゆる肌トラブルを引き起こしてしまうのです。また、年齢とともに減少していく成分はヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなども同じです。これらは体が水分を保つ手助けをしてくれるため、減少したままでいると乾燥肌につながります。

この点だけを見ると、乾燥対策さえしていればたるみは防げると思ってしまいますが、そうではありません。他にも紫外線の影響や表情筋の衰えなど、外部からの刺激と内部の老化も要因の一部となっています。

たるみの原因ともなる肌トラブルの元、乾燥を防ぐことが何より大切です。ケアする際は水分補給だけだとすぐに乾燥しますので、油分もプラスして行いましょう。化粧水のあと、必ずクリームや乳液といった油分で蓋をします。

そして紫外線は肌を老化させることにつながりますので、外出の際はしっかり対策をしておきましょう。肌に大切なコラーゲンやエラスチンなどの成分は、化粧品やサプリメントを利用して補っていきます。

このほかでは表情筋を鍛えるためのエクササイズも良い効果がありますし、マッサージもリフトアップに役立ちます。エクササイズやマッサージは間違った方法で行うと逆効果となりますので、正しい方法で行うことが大切です。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ