肌トラブルにも効果的な正しい睡眠のとり方とは

肌トラブルにも効果的な正しい睡眠のとり方とは

睡眠不足が原因で生じる肌トラブルとは

人は睡眠中に成長ホルモンの分泌が多くなり、これが新陳代謝を促し、機能の修復や皮膚の再生、疲労回復などを行うというメカニズムになっています。また、皮膚の細胞は日々生まれ変わっていて、自律神経が関係しており、それには活動時に働く交感神経と休息時に働く副交感神経があります。

昼間は肌への血流が不足するのですが、夜間の時間帯においては肌への血流がよくなり、栄養をもらって再生しているのです。ですから、睡眠不足になると、肌の代謝も悪くなり、ニキビや乾燥、くすみなどの肌トラブルになりやすくなったり、しわやシミ、たるみといった肌の老化を招くことになってしまうのです。

その症状として、十分な睡眠をとることができないと、お肌が油っぽくなったり、乾燥をしたり、にきびができたりしてしまうのです。睡眠不足は、ニキビや乾燥、くすみといった肌トラブルを招きやすいものになることを理解して、日頃から気をつけて生活を送りたいものです。

睡眠不足による肌トラブルを防止するためには、具体的にはどうすればいいのでしょうか。まずは十分な睡眠を心掛けることです。一般的には、毎日6時間以上の眠るようにしたいものです。それ以下であると肌の生まれ変わりが十分にできずに肌荒れを起こしてしまうことが多いのです。

また、時間を確保するだけでなく、規則正しい生活を心掛けることが大切です。これは自律神経のバランスといった面でも、交感神経と副交感神経の関係からも早寝早起きをするようにすべきでしょう。

さらには、心地よい深い睡眠をとることも重要になります。成長ホルモンの分泌のためにもぐっすりと質のよい眠りになるようにしましょう。毎日同じ時間帯に眠ることを習慣づけ、よい眠りにつくとよいでしょう。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ