ストレス溜めない習慣作りで肌トラブル知らずに

ストレス溜めない習慣作りで肌トラブル知らずに

ストレスが原因で生じる肌トラブルについて

強いストレスを受けると、体調不良に陥ったり肌トラブルを引き起こすことがあります。体調面で影響を受けやすいのは胃腸系であり、全身の倦怠感をうったえる人もいます。

肌も影響を受けやすい部分であり、せっかく毎日念入りにお手入れをしていても、トラブルによって状態が悪くなる可能性があります。

肌の敵であるストレスには、内的なものと外的なものがあります。外的なものは、紫外線や空気の乾燥、摩擦等が考えられます。季節によって受ける影響の種類や大きさが異なりますので、その時々の状況に合わせて対策を立てる必要があります。

内的な要因としては、過労や食事バランス、生活習慣の乱れ、睡眠不足、人間関係等が考えられます。常に内側からも外側からも影響を受ける可能性がありますので、肌トラブルを発見したら要因を探してみる必要があります。

気付かないうちに、肌に良くない生活を送っていることもありますので、それを見直す良いきっかけになります。

ストレスを排除して肌トラブルを改善するには、日々の生活の中で原因が潜んでいないかを探っていくことが大切です。どのような種類の原因であっても、肌の活性酸素の増加に深く関わってきますので、老化やトラブルの原因になります。

外的刺激への対策としては、日除け・保湿をきちんと行い、洗顔やお手入れの際に極力摩擦による刺激を与えないように気をつけることが大切です。内的要因への対策としては、上手くストレス発散の方法を考えたり、生活習慣を改めたり、食事バランスを整えることが有効です。

対策を始めてからすぐに効果が出るものではありませんが、ターンオーバーの周期を考慮すると、少なくとも1カ月ほど続ければ違いが現れてきます。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ