夏独特の肌トラブルの特徴に合わせて対策しよう

夏独特の肌トラブルの特徴に合わせて対策しよう

夏にしておきたい肌トラブル対策とは

一年のうちで最も気温の高くなる夏は、屋外でのレジャーや旅行など、外出する機会も増える時期でもあります。しかし、長時間屋外に肌をさらすことによって、様々な肌トラブルを引き起こすことにもなりかねません。

特に夏の肌のケアに最も気を付けたいのは、太陽光による紫外線の影響です。紫外線に肌を長時間当て続けると、当然日焼けをしますが、この日焼けはいわば火傷の症状と同じ状態のため、当然肌への負担は非常に大きいものとなります。

そのため、紫外線をカットするコスメや、日焼け止めを使用する必要が出てきますが、これらも使いどころやその性質をよく理解しておかないと、さらに肌トラブルを助長してしまうことにもなりかねません。

日差しの強い日に使用する機会の多い紫外線吸収剤を使用した日焼け止めは、日焼けを予防するのには非常に効果が高いものの、長時間つけていることで、肌の酸化を招いてしまいます。これを繰り返すと、シミやくすみ、しわの原因となるため、使用する際には注意が必要です。

夏の日差しによる肌トラブルを防ぐのに最も有効なのが日焼け止めの使用ですが、SPF値の高いものを何も考えずに使用していると、肌へのダメージが蓄積していってしまいます。

特にUVカットのファンデーションや紫外線吸収剤を使用した日焼け止めは、肌への負担が大きいため、日差しの強さなどによって使い分けを行うことが大切です。また、夏によく使用するコスメとして、ウォータープルーフのものがあります。

これらはプールや海など、水に濡れるときに威力を発揮し、また汗などでメイクが流れるのを防ぐことができるのが利点です。しかし、水に強いということは、当然洗い落としにくいということにもなるため、クレンジングには十分に時間をかけ、しっかりと落としておくことが肝心です。

これらを十分に落としていないと、毛穴に汚れや皮脂が詰まったままとなってしまうため、ニキビや吹き出物などの原因となってしまいます。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ