将来のためにもなる肌トラブル対策に日焼け止め活用

将来のためにもなる肌トラブル対策に日焼け止め活用

日焼け止めと肌トラブル

多くの女性を悩ませるものに、様々な肌トラブルが挙げられます。特に紫外線の多い夏は、こうした肌トラブルを起こしやすくなる季節でもあります。

夏の日差しによる日焼けは、肌の細胞を老化させる作用があり、また若いころにケアを十分に行っていないと、年齢を重ねてから蓄積されたダメージが一気に肌に現れるようになり、シミやくすみ、またしわなどの原因となってしまいます。

そのため、夏に限らず、日差しの強い日は日焼け止めによるケアが欠かせません。日焼け止めにも非常に多くの種類のものがあり、より効果的に紫外線によるダメージを防ぐのであれば、SPF値の高いものを使用するのが有効です。

しかし、日焼け止めにも、添加物の多いものや、金属分を多く含むものもあり、日焼けを効果的に防ぐことができるものの、使用し続けることにより、肌へのダメージを招いてしまうというものもあります。そのため、他のスキンケア用品と併用し、過剰な使用を控えるということも大切になります。

様々な肌トラブルの原因となる紫外線ですが、日焼け止めでケアをしておくことで、そのダメージを大幅に軽減することが可能です。しかし、日焼け止めの中には、紫外線吸収剤を使用しているものも多くあり、これは日焼けを防止するという点では非常に優れた機能を持ったものです。

とはいえ、これを多用すると、紫外線吸収剤が熱を蓄積し、肌を酸化させてしまう原因となってしまいます。肌が酸化すると、シミやしわといったトラブルを引き起こす原因となるため、紫外線反射材を含むものと併用し、その日の紫外線の強さや、屋外にいる時間などを考慮に入れて使い分けを行うことが大切です。

また、室内に入ってからもつけっぱなしにせずに、屋外に出る用事が済んだらなるべく早く落とすことも大切です。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ