肌トラブル予防には汗についての知識も重要

肌トラブル予防には汗についての知識も重要

肌トラブルと汗の関係について

汗には、体温の調節機能や肌に潤いを与える機能があります。このような機能も、場合によっては肌トラブルの原因となってしまう場合も存在しています。中でも、あせもはお肌に赤い湿疹ができてしまうため、美容面で大きな問題となります。

あせもは、皮膚の中に汗がたまることによって発症します。特に、夏場や運動時に発生しやすいため注意が必要となっています。肌トラブルとしては非常にポピュラーなものとなっており、乳幼児も発症します。

あせもができた場合にそのまま放置してしまうと、無意識に引っ掻いてしまい、化膿を起こすことがあります。化膿してしまった場合には、治癒後にあせもの跡がそのまま残ってしまうケースが存在します。

そのため、あせもが発生した場合には早目に対処を行い、化膿などが起こらないようにすることが重要です。あせもができやすい場所は、汗をかきやすい部位と関連しており、背中や首回り、わきなどに多く発症することになります。

あせもを予防するためには、汗をかきやすい部位に対して、しっかりとしたスキンケアを行っておくことが重要となります。夏場や運動時には、シャワーを浴びてお肌を清潔な状態にすると共に、衣服の着替えも必要です。

このような予防を行うことによって、あせもの発症を減少することができます。万が一、あせもができてしまった場合には、化膿などの肌トラブルに発展する前に、スキンケアと塗り薬による治療を行う必要があります。

塗り薬には、ステロイド外用薬を用いる場合が多くなっています。このような塗り薬は、医師に相談して処方してもらう方法や市販の商品を購入する方法で入手可能です。あせもが広範囲に及んでいる場合や化膿が発生している場合には、医師の診察を必要とします。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ