肌トラブルはターンオーバーを考慮して対策

肌トラブルはターンオーバーを考慮して対策

ターンオーバーと肌トラブルについて

ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのことであり、新陳代謝とも呼ばれます。顔の肌細胞は、この働きが正常に行われていれば約28日で新しく生まれ変わっています。

しかし、食生活や生活習慣の乱れなどが原因となってターンオーバーがうまく行われなくなってしまうと、様々な肌トラブルにつながる可能性があります。

ターンオーバーの周期が乱れると傷ついた古い肌細胞がいつまでも肌に残り続ける、あるいは細胞が未成熟の状態で肌表面に現れることになります。細胞が健康的な状態の肌はバリア機能が高く、潤いがあって見た目にも美しいです。

しかし、正常にターンオーバーが行われていないと、バリア機能が弱いため外部からの刺激に弱く、乾燥やゴワつき、くすみなどの肌トラブルが現れやすくなるのです。

また、紫外線などが原因となって肌に生成されるメラニン色素も正常な新陳代謝によって排出されますが、古い肌細胞が残り続けるとメラニン色素もうまく排出されませんので、シミができる原因にもなってしまうのです。

ターンオーバーの乱れを改善してみずみずしい肌を保つためには、食生活や生活習慣を正常に整える必要があります。栄養バランスの偏りや睡眠不足は血行を阻害して代謝機能に悪影響を与えますので、まずは生活を見直すことが肌トラブル改善への一歩となります。

また、肌のターンオーバーが鈍くて肌に古い角質が残りがちであるという場合は、ピーリングなどの肌ケアも効果的です。やり過ぎは逆効果ですが、週に1回程度のペースでピーリング効果のある洗顔料などで特別なケアを行うと、角質が落ちやすくなります。

紫外線の刺激もターンオーバーの乱れを引き起こす原因の一つになりますので、普段からこまめに日焼け止めクリームを塗るなどして紫外線ケアを心がけることも大切です。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ