たるみ対策してアゴもフェイスラインもすっきり

たるみ対策してアゴもフェイスラインもすっきり

アゴのたるみの原因と対策

年齢肌による悩みは、シワやシミ、乾燥などありますが、目元の小シワや薄いシミはある程度、メイクでカバーできます。また乾燥は、保湿効果の高いクリームなどで防ぐことはできますが、頬やアゴのたるみはメイクでカバーできるものではありません。

ファンデーションを厚塗りすると、余計に老けて見られてしまいます。髪型でカバーするにも限界がありますし、隠してどうなるものではないのでちゃんと対策することが分かります。

最近は、たるみを改善できるマッサージクリームやジェルなどが発売されていますが、マッサージだけで引き締めることは難しく感じます。そもそも頬やアゴのたるみは、筋肉の衰えによる原因が考えられるので、表情筋を鍛える対策が必要です。

ボディと同じように顔も、加齢と共に筋肉が下がり、特にアゴのたるみは顔全体の輪郭を決める大切な部分でもあります。肉がフェイスラインにつくと、目や鼻の印象も大きく変わり、シワもできやすくなります。

アゴのたるみを防ぐストレッチ

頬やアゴのたるみを解消するには、まず表情筋を鍛えることです。ボディを引き締めるには、ある程度の運動やストレッチは必要で、顔も同じように鍛えることで、すっきりとしたフェイスラインを手に入れることができます。

表情筋を鍛える方法は簡単で、口角を上げるトレーニングを1日に5分ほど続けると効果的で、口を大きく横に開く、次は口元をキュッと閉めるを繰り返します。自身が表情筋が崩れていると感じる時は、口が半開きになっている時で、口元を閉める癖をつけるようにします。

また、たるみは、紫外線やストレスも影響するので、ちゃんと紫外線対策することも大切です。表情筋を鍛えるトレーニングを続けていると、美容クリニックやエステのリフトアップも不要になります。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ