くすみ対策は目元のメイクを落とす方法から注意して

くすみ対策は目元のメイクを落とす方法から注意して

目からウロコの目元くすみ対策

目の周りの皮膚は頬などと比べると、約10分の1の厚さしかありません。ですので、ちょっとした刺激でくすみの原因となってしまう為、くすみを作らない対策を行う必要があります。目元がくすんでしまう原因に、アイメイクが挙げられます。

アイシャドウやアイライナーは落ちにくく作られているので、適当にクレンジングしてしまうと、メイク成分が残ってしまう場合があります。メイク成分が残っていると当然、皮膚には刺激となってしまいます。またキレイに落とそうとしてゴシゴシ目元を擦ってしまうのも、刺激となりくすみを招いてしまうのです。

それに目元のメイクをする時に、皮膚をひっぱりアイライナーを引いたり、まつげをビューラーでカールさせる時に、ぐいぐい力任せにしてしまうと、皮膚を傷め色素沈着を起こす原因になります。

またメイクをするチップも不衛生な状態ですと、汚れや雑菌で皮膚には刺激となるでしょう。このような原因が目元のくすみを作り出しているので、まずはメイクやクレンジングの見直しを行い対策する事が大切です。

目元のくすみを防ぐアイメイクの落とし方

目元のくすみ対策には、まずアイメイクの落とし方が重要になります。顔と一緒のクレンジング剤で一気に落とすのではなく、ポイントメイク専用のリムーバーを使いましょう。

ローションタやリキッドイプのリムーバーの場合、コットンに500円玉くらいの大きさになるまで染み込ませ、1分程目元に置きメイク成分を浮き上がらせます。早くメイクを取りたい、キレイに取りたいからといってゴシゴシ擦ってしまうと、色素沈着の原因になるので優しく拭き取りましょう。

クリームやジェル状のリムーバーを使う場合は、まず指の腹で優しくマッサージしクレンジング剤を馴染ませます。この時、クレンジング剤が拡がりすぎてしまうと、マスカラなどのダマが肌への刺激となってしまうので、極力クレンジング剤を広げないのが、肌に優しいクレンジングのコツです。このように目元のメイクは、丁寧に行う事がくすみの対策には大切と言えます。

くすみの対策に無添加化美容液の口コミ評価が高いのは?

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ