春だからこそ起きるくすみの原因と簡単な対策とは

春だからこそ起きるくすみの原因と簡単な対策とは

お肌の春くすみの仕組みと対策

春になるとお肌が揺らぎやすくなり、くすみや乾燥、そして肌荒れなどが気になる季節です。このようなゆらぎ肌現象の主な原因として考えられるのが、新陳代謝が低下する冬の間にたまってしまった古い角質層が肌の表面に積み重なって角質肥厚という現象が起きてしまうことが原因と考えられます。

角質肥厚の状態とは、肌の表面を角質が覆っている状態と等しいので、どうしても肌がくすんで見られてしまいがちです。くすみ対策のためにはとにかく古い角質を取り除くための対策が必要となります。

春は古い角質層が剥がれて新しい角質層が生まれるお肌の転換期であるため、お肌が不安定な状態になりやすいことも影響しています。よって、くすみ対策に必要なことは、まずは新陳代謝を高めてお肌のターンオーバーを正常に行えるように環境を整えることが必要です。

環境を改善することによって徐々にお肌の状態が落ち着いてきます。今時期になるとお肌のくすみも気にならなくなります。

春くすみの原因を知ってくすみ知らず

春先のくすみ対策として必要なことは、冬の間に低下してしまったお肌の新陳代謝を整えてターンオーバーを正常な状態に戻すことが大切です。冬の間に角質肥厚になってしまうことによってくすみが目立つようになります。

くすみ対策としては、血行を促進して良質な睡眠を得ることが大切です。その手っ取り早い方法は、湯船に使って半身浴をすることです。

半身浴にはデトックス効果があるため、体の中の老廃物をはせと一緒に輩出するだけでなく、血行を良くしてくれるのでお肌の血行促進につながります。

オフロに入ってすぐにでも眠りにつくことができれば、良質な眠りにつくことができるので、お肌はみるみるうちに健康を取り戻し、状態は改善します。

>>お肌の春くすみには無添加化粧品

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ