しわの対策したいなら忘れてはいけない首部分

シワの対策したいなら忘れてはいけない首部分

年齢の出やすい首のシワ対策

年齢を重ねると身体だけでなく、顔も老けていってしまいます。でも対策をすることで見た目の年齢は変わっていくのです。
kubinosiwa
今ではエイジングケアやUVケアは当たり前で、ドラッグストアなどの化粧品売り場ではたくさんの商品が並んでいます。

顔のケアも大切なのですが、意外と知られていないのは、顔のハリは保っていても首にもシワができている方が多いことです。

原因として、首の皮膚は目元の皮膚と同じくらいとても薄いのに、頷いたりして動かすことで横シワができやすいことと、UVケアやスキンケアなどの対策をしている方が少ないことです。

また、あごのたるみや女性ホルモンの低下により、ハリを保つことができなくなってしまうという理由もあります。顔のたるみで元からあったシワが深くなってしまうことがあります。

肌のハリを保っていても、首のシワが目立つことで老けて見られてしまいます。では、気になる首にはどのような対策をしたら良いのでしょうか。

首のシワを作らない生活習慣

改善方法として一番行いやすいのはとにかく保湿をすることです。1日2回のスキンケアの時だけでなく、日中もしっかりと保湿をし、たっぷりと潤いを与えてあげることが大切です。そして、首のマッサージも効果的です。

横にシワができやすいので、縦方向にマッサージします。血流やリンパの流れが良くなります。親指で行うマッサージでたるみを防ぐことも良い対策です。そして、紫外線に浴びないようUVケアをしっかりと行うことも欠かせません。

顔だけでなく首にも日焼け止めクリームをつけることを習慣にし、シワを深くしないようにしましょう。寝るときの姿勢も大切です。枕を首から当てるようにするだけで、シワができにくくなります。少しの努力をすることで若々しく見られるようになります。

無添加化粧品の正しい知識を身に着ける

このページの先頭へ